血しぶきが飛ぶ実写の格闘ゲーム/大江戸ファイト

BLOOD WARRIOR-1994年(カネコ)

2Dタイプの格闘ゲーム

同カネコの「富士山バスター」の続編的存在

前作同様、江戸時代の日本をイメージしており

それに因んだキャラクターが登場する

(多少時代が合ってないかも)

大江戸ファイト-ゲーム画面
<大江戸ファイト-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン4つ

<スポンサーリンク>


大江戸ファイトは一風変わった格闘

格闘ゲームといえば グラフィックが2Dか3Dか、

というのが個性であり 売りでもあった時代でした

本作は なんと実写!

背景で動いてる人間も 実写のようです

大江戸ファイト-血しぶきシーン
<大江戸ファイト-血しぶきシーン>

そしてこのゲーム、血しぶきがすごいです

(海外でのタイトル名、”BLOOD WARRIOR” は

そういう意味でしたか)

そして決着時の残酷なシーン

大江戸ファイト-決着シーン1
<大江戸ファイト-決着シーン1>

(一応モザイクかけました

たいしてグロくはないかも)

ポーズを決めてるのとは対照的で、

笑う場面なのかも知れません

まだまだ世間がうるさくなかった時代ですね

そして、

大江戸ファイト-勝利シーン
<大江戸ファイト-勝利シーン>

ふっくらしすぎ!

勝者”、“寿(背景)” 、じゃないでしょ!

ちなみに Wikipediaによると、ちゃんとした

タレントさんを使っているそうです

キャラクターセレクト

ゲーム開始時に プレイヤーを選べるのは

他の格闘ゲームと同じです

大江戸ファイト-キャラクターセレクト
<大江戸ファイト-キャラクターセレクト>

嵐(忍者)・ 一休(お地蔵さん) ・霞 (くノ一)
金四郎(侍)・ 三平(河童) ・秀月(武将?)
獅子丸(歌舞伎)・ 弁慶 ・ 五右衛門

この 9名からプレイヤーを選びます

戦闘も この9名と戦います(同キャラ対決あり)

<スポンサーリンク>


大江戸ファイトは最後は?

格闘ゲームにしては珍しく、ボスっぽい

キャラクターは登場しません

なので最初の 9名に勝利すれば終了となります

逆に、富士山バスターのボスキャラが

選べるようになった、とも言えます

エンディングは簡素

1画面だけのエンディングです

大江戸ファイト-エンディング
<大江戸ファイト-エンディング>

下側にスタッフ紹介がされていきます

これで完全終了です

あのふっくらキャラ以外は・・・

くノ一の “霞”でプレイしてたので、

「他のキャラもあんな感じかな」と思い

侍でやってみました

大江戸ファイト-勝者-侍
<大江戸ファイト-勝者-侍>

男前で俳優っぽいですね

桜吹雪が完全にシャツなのが安っぽいけど

あと 気になったのが、勝利時の残酷シーン

大江戸ファイト-決着シーン2
<大江戸ファイト-決着シーン2>

相手を縦に真っ二つにするという、

ありえないことが起きます

グロくもないので モザイクしませんでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>