間違った日本文化たちの格闘ゲーム/富士山バスター

Shogun Warriors-1992年(カネコ)

2Dタイプの格闘ゲーム

ゲームデザインは「外国人から見た日本」、

というコンセプトで作成されている

富士山バスター-ゲーム画面
<富士山バスター-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン4つ

<スポンサーリンク>


実は正当派?富士山バスター

キャラ的には ふざけている感じですが、

ゲームはいたって普通です

(というよりストIIに似てる?)

まずはキャラクターセレクト

8人の日本人キャラよりプレイヤーを

選びます

富士山バスター-キャラセレクト
<富士山バスター-キャラセレクト>

「なんだこの芸者は!?」って感じですね

選べるキャラは、

侍・将軍・芸者・相撲・歌舞伎・さぶ

・かっぱ・忍者

の 8名です

最初は自身を除いた 7名と次々対戦します

7戦後はボス的なキャラ登場

8面目は “鬼”です

富士山バスター-ステージ8鬼
<富士山バスター-ステージ8鬼>

「これは最終ボスか?」

と思いましたが違いました

この後、9面では“天狗”

10面では“弁慶”となります

もう、外国人から見た日本でも

なんでもない感じです

明らかに 日本人向けの構成です

<スポンサーリンク>


富士山バスターの最後は?

11面が最終ステージです

ラスボスは“五右衛門”

なぜ彼なのかは わかりません

富士山バスター-ステージ11五右衛門
<富士山バスター-ステージ11五右衛門>

ステージ8から難敵ばかりでしたが、

最後の五右衛門も強い!

相手にダメージを与えるのは

かなり難しいです

そしてエンディングへ

富士山に “寿”と書かれていて、上方向に

スクロールしていきます

富士山バスター-エンディング1
<富士山バスター-エンディング1>

外国人向けな感じはします

そして、

富士山バスター-エンディング2
<富士山バスター-エンディング2>

優勝商品として、車と米がもらえたのかな

格闘ゲームにしては軽いノリですね

芸者用のエンディングってわけでは

ないと思いますけど・・・

この後、スタッフロールになり

完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>