定規を持って挑んだ?/ハイパーオリンピック

Hyper Olympic-1983年(コナミ)

当時は とんでもないアイデアのゲームが

登場したと話題になりました

とにかく連射あるのみのゲームです

定規を使って挑戦した人もいました

このゲーム筐体は、ボタン部分の塗装が

削れているものも よく見かけました

ゲームの攻略に、外部のアイテムを持ち込む

という 他にはないスタイルでした

操作は ボタン3つ

RUNボタン2つと、JUMPボタンになります

<スポンサーリンク>


競技は全部で 6種

種目ごとにQUALIFY(合格点)があり、

これをクリアしないと 次の種目に進めません

1種目目“100メートル競走”

RUNボタンを連射するだけ

実際の100m走と同じ シンプルな競技

ハイパーオリンピック-100メートル競走
<ハイパーオリンピック-100メートル競走>

2種目目“走幅跳”

助走は100m走と同じく RUNボタン連射で加速

JUMPボタンをタイミング良く押す

そしてJUMPボタンを押している時間が

角度になり、距離を大きく左右します

ハイパーオリンピック-走幅跳
<ハイパーオリンピック-走幅跳>

3種目目“やり投”

“走幅跳”とまったく同じ操作です

ハイパーオリンピック-やり投
<ハイパーオリンピック-やり投>

4種目目“110メートルハードル”

100m走と同じようにRUNボタンを連射します

ハードルごとにJUMPボタン(角度はない)を

タイミングよく押します

ハイパーオリンピック-110メートルハードル
<ハイパーオリンピック-110メートルハードル>

5種目目“ハンマー投”

ぐるぐると高速に回転しますが

連射は必要ありません

ハイパーオリンピック-ハンマー投
<ハイパーオリンピック-ハンマー投>

ハンマーが赤く光るタイミングでJUMPボタンを

押してハンマーを投げます

押している時間が“角度”になります

6種目目“走高跳”

これも連射がない種目

ハイパーオリンピック-走高跳
<ハイパーオリンピック-走高跳>

タイミングよくJUMPボタンを押します

押している時間が角度になりますが、

あまり角度を付けない(すぐ離す)ほうが

いい気がします

もう一度JUMPボタンを押すと右へ移動します

この種目をクリアすれば、2周目へと続きます

<スポンサーリンク>


隠しキャラもあります

走高跳で、2回ミス後 クリアすると

モグラが出て 1000点が入ります

ハイパーオリンピック-モグラ
<ハイパーオリンピック-モグラ>

その他、やり投げで最大角度で投げると

火星人が落ちてきたりします

ほかにもありますが、試す機会があれば

やってみます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>