長編ARPG/ガイアポリス-黄金鷹の剣(前編)

アーケードゲーム

GAIAPOLIS-1993年(コナミ)

 

縦スクロール型(横もある)のアクションRPG

 

凝ったシナリオが特徴で、

プレイヤーの装備強化やレベルアップがあるなど

RPG要素が強いゲーム

 

ガイアポリス-ゲーム画面
<ガイアポリス-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

ガイアポリスをやってみる

 

RPGと謳ってますが、

アーケードゲームの特性により、

レベルアップやシナリオは一本道です

 

なので、RPG感は薄いと思いました

 

ただ、回復アイテムが頻繁に出現するので、

ダメージを食らうこと前提の戦い方となり、

アクションゲームと考えるなら中途半端かも

 

パスワード方式でのセーブ

 

この部分は RPG的です

 

ゲーム開始時に

・ NEW GAME
・ PASS WORD

という選択となり “PASS WORD”を選ぶと、

 

ガイアポリス-パスワード画面
<ガイアポリス-パスワード画面>

 

これは前回ゲームオーバー時に

表示されるパスワードをメモしておけば、

次のプレイ時に 途中スタートができると

いうわけです

 

その場合、

ゲームオーバーになったステージの

最初からのスタートになるので、

その場再スタートのコンティニューほど

便利ではないです

 

プレイヤーセレクト

 

この3人から選びます

 

ガイアポリス-セレクト画面
<ガイアポリス-セレクト画面>

 

左から、

・ ジェラード=ハイマルス皇子
・ エレイン=シー
・ 竜大公ガラハッド

 

どれを選んでも

シナリオに影響はないようです

 

ガイアポリスのシナリオ

 

1面終了のタイミングで、

やっと シナリオを理解する段階になります

 

このゲームは、デモ画面やオープニングで

一切シナリオ説明が出てきませんので、

ここで物語スタートです

 

すべてを知る “炎の男”登場

 

1面目は “アヴァロン”という町です

 

ステージボスを倒すと 変なヤツが現れます

 

ガイアポリス-ステージ1
<ガイアポリス-ステージ1>

 

炎の男
「鍵をさがすのだ。運命の戦士達よ」

 

皇子
「鍵?何の事だ。それにおまえは何者だ?」

 

炎の男
「アヴァロン滅ぼしたのは、
ザハーク帝国の暗黒王
ダークネスだ。」

「彼は、邪神の力をかり、
天空からあなたの国を焼き尽くしたのだ」

 

竜大公
「天空!?・・・・」

 

炎の男
「天空の本拠にいたる方法はただ一つ。」

「世界中に散らばる神々の三つの鍵をもって、
天空への道を開く事だ」

「運命の戦士よ。まずは、
ネオモスクを訪れるのだ」

 

皇子
「消えてしまった・・・」

 

竜大公
「今のは、我らの守護神か、
それとも鬼神のたぐいなのか・・・」

 

妖精
「とにかく、ネオモスクに行ってみましょうよ」

 

いろんな事がわかりましたね

 

3つの鍵を集め 天空へ行くこと、

・ 次の場所は 「ネオモスク」ということ、

・ ラスボスは 「ダークネス

 

新たな任務を請け負います

 

2面目は ネオモスクという町です

 

“炎の男” の指示で来ただけで、

ここで何をするのか わからない状態です

 

ステージボスを倒すと年配の男が現れます

 

ガイアポリス-ステージ2-1
<ガイアポリス-ステージ2-1>

 

領主
「勇者殿!」

「私は当地の領主をしているフォートと
申す者。よもや、本当に帝国の連中を
追い払う者が現れるとは!」

「では、鍵をもとめ旅をしている皇子とは、
あなたですな?」

 

皇子
「いかにも、私はアヴァロンのジェラード・・・
しかし、どうして我々の事を?・・・」

 

領主
「炎に包まれた戦士が我らに告げたのです。」

「まもなく、我が領国を解放し、トーラン
捕らわれた我が娘を救い出す勇者が現れると!」

 

妖精
「炎の戦士! 彼がここに?」

 

竜大公
「やつめ、手回しのいい事だ」

 

皇子
「それで、捕らわれている
あなたの娘というのは?」

 

領主
「我が娘は、千里眼をそなえております。

 

ガイアポリス-ステージ2-2
<ガイアポリス-ステージ2-2>

 

領主
「あなたの探しておられるものは、
彼女の言葉によって明らかになると
炎の戦士は預言なされたのです」

 

皇子
「わかった。ご息女の事は我々にまかせてくれ」

 

という感じで、長々と会話を終えました

(このゲームは ずっとこんな感じです)

 

鍵は見つからず情報もなし、

という結果でしたが

娘を助けるいうイベントが発生しましたし、

彼女から何か教えてもらえる雰囲気ですね

 

助けた女性は、鍵のカギ

 

3面目はトーランという城(町名?)です

 

ステージボスを倒すと奥で女性が

吊り下げられているので、助けます

 

ガイアポリス-ステージ3-1
<ガイアポリス-ステージ3-1>

 

皇子
「そなたが、ネオモスク公のご息女か」

 


「はい、オリンピアと申します。
あなた方がきてくださる事を
信じていました。」

「きっと、私を助けてくれる方が、
いえ、私だけでなく世界のみんなを
助けてくれるような
英雄が現れる事を信じていたのです」

 

皇子
「私が英雄かどうかは、わからないが・・」

 

妖精
「私は、一族の仇を討ちたいだけ。
世界の事なんて考えたこともないわ」

 

竜大公
「わしとて似たようなもんだが。
で、我らの旅の目的はご存知かな」

 

ガイアポリス-ステージ3-2
<ガイアポリス-ステージ3-2>

 


「存じています。ここであなた方の運命の
細部に立ち入るのはやめましょう。」

「すべて生あるものは、何らかの形で世界を
動かす役割を演じているということを・・・」

「鍵を納めた都市の位置をお教えます。
でも気をつけて。鍵を渡すまいとする将軍が
待ちかまえているはずです」

 

3つの鍵を求めて

 

ここからが本番のようですね

 

鍵を3つ集めることで

天空へ行けることがわかり、

そこが最終ステージなのでしょうね

 

1つ目の鍵ゲット!

 

4面目は ボス戦のみです

 

倒すと上から宝箱が降ってきて、

中から鍵が出てきます

 

ガイアポリス-ステージ4-1
<ガイアポリス-ステージ4-1>

 

このタイミングで “炎の騎士” 再登場です

 

皇子
「炎の騎士!」

 

竜大公
「炎の騎士よ。
まずは、お主に感謝せねばならないようだな」

 

炎の騎士
「第2の鍵は、ここより遥か北東。

暗黒回廊の地下にある」

 

竜大公
「暗黒回廊とな。
大陸を横断する大洞窟と聞いておるが・・」

 

炎の騎士
ブランミュートに暗黒回廊の入り口がある。
しかし・・・」

 

ガイアポリス-ステージ4-2
<ガイアポリス-ステージ4-2>

 

「まずは、マハリシに行くのだ。」

「うまくすれば、そこで今後の探索に
有利に働くものが手にはいるかも知れぬ。
隠された封印を解くのだ」

 

ここで 炎の騎士は去っていきます

 

竜大公
「もっと詳しく教えてくれても
よさそうなもんだが。あまり長く騎士の姿を
保てないようだな、やつは」

 

皇子
「マハリシといえば商いで栄える街。
そんなところに何があるというのだ」

 

次は、“マハリシに行って何か手に入れる”、

ということになりました

 

クリスタルが必須アイテム?

 

5面目をクリアすると、

炎の騎士が言ってた通りの展開になります

 

ガイアポリス-ステージ5-1
<ガイアポリス-ステージ5-1>

 


「これを・・」

 

皇子
「これは?」

 


「これは我らの街を解放して
いただいた方へのささやかなお礼です」

「“剣水晶のひとしずく”と
呼ばれております」

 

妖精
「剣水晶・・・」

 


「はい。伝説の種族が、かつて愛用した武器を
封印した巨大なクリスタル、その一部です」

「北西にある麗しの都ネオモスクの大聖堂に
本体が納められてるとか」

 

竜大公
「ネオモスクか! もう、麗しの都とは、
当分呼ばれんだろうがな」

 

皇子
「そういえば、戦車が壊した聖堂に
巨大な水晶の柱があったぞ」

 


「中に封じられた武器は、その水晶のかけらで
解放されるといわれております。」

 

ガイアポリス-ステージ5-2
<ガイアポリス-ステージ5-2>

 

「かの地へは、わが町一の名馬をお使いに
なれば、数日でたどり着けるはずです」

 

皇子
「かたじけない。そのような武器があれば
心強い。ネオモスクに戻ろう」

 

竜大公
「帝国軍の残党狩りとしゃれ込むか!」

 

ネオモスクと言えば、2面ですよね・・・

もしかして戻るの?

 

最強(?)の武器ゲットへ

 

6面は2面と同じようなマップです

 

そして、巨大水晶を発見します

 

ガイアポリス-ステージ6-1
<ガイアポリス-ステージ6-1>

 

水晶は弾け飛び、中から剣が出てきます

 

どうやら都合良く、

3人分の武器が手に入ったようです

 

ガイアポリス-ステージ6-2
<ガイアポリス-ステージ6-2>

 

妖精
「水晶の中にこんな武器が隠されてたなんて!」

 

竜大公
「これは、たぶん、太古の有翼族の武器だ。」

「しかし、なぜマハリシの連中が、
これらについて知っているのか
合点がゆかぬのだが・・・」

 

妖精
「人は、見かけによらないって
いうでしょう、ね。」

「さぁはやく、マハリシに戻って、
ブランミュートへ進む準備をしなくっちゃ!」

 

すみませんが、ここで中断します

 

これは長くなりそう・・・

 

続きは、こちらからお願いします

ガイアポリス-黄金鷹の剣(中編)

 

“中編” ってことは、

次でも終わらなかったんですよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました