長編ARPG/ガイアポリス-黄金鷹の剣(中編)

アーケードゲーム

前編からの続きとなります

 

まだ前編を ご覧になってない方は、

こちらをどうぞ

ガイアポリス-黄金鷹の剣(前編)

 

これまでは、

 

・“炎の騎士”が いろいろ教えてくれました

  全ての元凶はザハーク帝国の王、ダークネス

  彼は天空にいる

  天空へは行くには 三つの鍵が必要

・ 1つ目の鍵をゲットしました

・ 伝説の種族が愛用した武器もゲットしました

 

といった所まで進みました

 

第2の鍵へ

 

炎の騎士の話では、

「第2の鍵は 暗黒回廊の地下にあり、

ブランミュートに暗黒回廊の入り口がある」

 

とのことです

 

暗黒回廊への入り口

 

7面は ブランミュートです

 

そして岩壁に大穴がある場所に来ました

 

ガイアポリス-ステージ7
<ガイアポリス-ステージ7>

 

竜大公
「暗黒回廊。」

「太古よりあったものが、大地の変動で
地上にその入り口をつくったと聞くが」

 

妖精
「なかは冷たそう」

 

竜大公
「おぬしのその格好ではな!」

 

妖精
「あなたに言われる筋合いはないわ」

 

皇子
「とにかく、先に進もう。寒さだけでなく、
どんな危険が待ち受けているかわからない。」

「気をつけて行くんだ」

 

有翼人の登場です

 

8面は、空中に浮かぶ床で戦闘を

繰り返しながら降りていく、といった

今までになかったステージです

 

ラスボスは翼のある魔神のような敵でした

 

ガイアポリス-ステージ8
<ガイアポリス-ステージ8>

 

有翼人
「その迷いのない戦いぶり・・・帝国軍の
悪魔にもこれほどの手練がいるとはな!」

 

皇子
「私は帝国軍の兵士などでない。
彼らを倒すため、鍵を探しているものだ」

 

妖精
「あなたこそ帝国の兵士じゃないの!?」

 

有翼人
「やはり、あなた方は帝国軍では
なかったのか・・・そうか。
さきに戦いを仕掛けた私が悪かった。

「俺は、フラップ。有翼人の戦士だ。
暗黒回廊が海の底にある頃から、
邪悪の手からここを守るのが、
我が一族の務めなのだ。」

「もっとも、帝国軍がここに攻めてきて、
生き残ったのは俺ぐらいだがな。」

「さぁ、行くのだ。ここのすぐ先が、
鍵の都市だ。しかしそこは、敵の手に
落ちている。こころしてむかわれよ!」

 

有翼人といえば、隠されていた武器の

持ち主的な種族でしたよね

 

伝説の種族とも呼ばれてました

 

2つ目の鍵ゲット!

 

9面はボス戦のみのステージです

 

倒すと、1個目と同じように宝箱が降ってきて

鍵が出現します

 

ガイアポリス-ステージ9-1
<ガイアポリス-ステージ9-1>

 

その後の会話シーンで “炎の騎士”登場です

 

竜大公
「現れる頃だと思っておったぞ、炎の騎士よ!」

 

炎の騎士
「聞かれよ! 第三の鍵は
ロスの南にある」

 

妖精
「ロスって帝国の首都よ。
その近くを通る事になるわ!」

 

皇子
「敵地に潜入する事になるな・・・」

 

ガイアポリス-ステージ9-2
<ガイアポリス-ステージ9-2>

 

炎の騎士
「そうだ、今回の探索は今までにもまして
困難を極めるだろう。」

「そこで、旅の途中で、
ある友人の助けをかりるとよい」

 

妖精
「こんな所、敵はいても、
味方なんて見つかりそうにないわ!」

 

皇子
「どういう友人なのだ? 炎の騎士よ」

 

炎の騎士
「あなた方が、今まで会った事のない種族だ。」

アレイスタから船で
アトランティカに向かうのだ。
あなた方はそこで死の中に生を見いだすだろう」

 

ここで、炎の騎士は去っていきました

 

妖精
「最後の言葉は、どういう意味かしら」

 

皇子
「分からない。うまく、
アレイスタを抜けられればいいのだが・・・」

 

ここでは、

・ 友人(未見の種族)に会いに行く
・ “死の中”で“生”を見つける(意味不明)
・ 行き先は アレイスタ - 船 - アトランティカ

という情報を得ました

 

しかしまだ、次の鍵がどこにあるのかは

判明してないのですよね

 

船をハイジャック?

 

10面はアレイスタです

 

ここを無事に抜けられた一行は船を探しますが

結構強引な方法を取ります

 

船長
「うわっ! なにをする!
お、おい! だ、誰か・・」

 

皇子
「騒ぐな、船長。私の言うとおりにすれば、
危害を加えるつもりはない。」

「私達をこの船で
アトランティカまでつれて行くのだ」

 

ガイアポリス-ステージ10
<ガイアポリス-ステージ10>

 

船長
「アトランティカ!! あそこはダメだ。
他の所ならいくらでもつれていってやるが。」

「あんなうす気味わりいところだけは、
勘弁してくれ」

 

皇子
「つべこべ言わずに、船を出すのだ!」

 

この鬼畜っぷり、主人公とは思えませんね

 

娘を助けたときは “英雄”とまで呼ばれたのに

 

人類の過去を知ります

 

船でアトランティカに行くところの

描写はありませんでした

 

船長が “うす気味わりい”と

言ってたのは いったい・・・?

 

“友人”に会えましたが、これは?

 

11面はアトランティカです

 

船で無事に辿り着いたようですね

あの船長はどうなったのやら・・・

 

そして不思議なヤツ(物体)と遭遇しました

 

ガイアポリス-ステージ11-1
<ガイアポリス-ステージ11-1>

 

機械
「ようこそ、旧世界の墓へ」

 

妖精
「しゃべったわ! 生き物じゃないのに!」

 

皇子
「おまえは何だ!?
それにこのおびただしい墓はいったい・・」

 

機械
「私は、ロビィ。
ずっと昔に人間に作られました」

「ここは、旧世界、大昔の災いで
亡骸も残さず死んだ数え切れない人間の
ために作られました。」

 

ガイアポリス-ステージ11-2
<ガイアポリス-ステージ11-2>

 

「過去の過ちに対する、ここは象徴なのです。」

「人類に再び危機が訪れているようですね。
私の昔のご主人が戻られ、
そう告げられました。」

「私は、あなた方のちからになりたい。
この“
命の輝き”をもっていってください」

「ただし、これが使われるほどの困難に
出会われる事のないよう希望します」

 

皇子
「ありがとう、機械の友人よ」

 

これは 今の世界を語っているのかな?

 

「死の中に生を見いだす」と言ってたのは

墓場の中でロボットが活動している、

とい意味だったのでしょうか

 

重大な危機が迫っている!

 

12面はロス、帝国の首都でしたね

 

いよいよ敵陣へ潜入というわけです

 

そこでは早速(強制的に)“命の輝き”を

使ってしまいます

 

ガイアポリス-ステージ12-1
<ガイアポリス-ステージ12-1>

 

その後、ボス戦となり 倒しましたが、

2人の幹部らしき人物に道を塞がれます

 

貴公子
「見事だ! しかし手遅れだな」

 

皇子
「何! どういう事だ!?」

 

ガイアポリス-ステージ12-2
<ガイアポリス-ステージ12-2>

 

貴公子
「我らが王、ダークネス様が、
われらが神のお力添えで
天空の劫火”を解放されるときが」

「迫っておるという事よ!
全てを焼き尽くすという火の武器よ!」

 

皇子
「お前たちの邪神は
世界を灰に変えようというのか!?」

 

貴公子
「我らが神は、
人間が増えすぎたとお嘆きじゃ。」

「先の見えない愚かしい人間が
世界を食いつくすその前に、
優れた我ら帝国の民だけを残し
新しい秩序を打ち立てるのよ!」

 

竜大公
「何という傲慢な考えだ! 反吐が出るわ!」

 

妖精
「人間だけじゃなく、
たくさんの生き物が死んでしまうのよ!」

 

貴公子
「すべては、創造の前の破壊
といったところだ! ハハハハ!」

 

と言って2人は去っていきます

 

手遅れと言われましたが、

やはり止めに行くのですね!

 

すみませんが、再び中断します

 

長い! 長すぎるぞ!

 

続きは こちらからお願いします

ガイアポリス-黄金鷹の剣(後編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました