初期のキャラクターゲーム/ちゃっくんぽっぷ

Chack’n Pop-1984年(タイトー)

主人公、“ちゃっくん” を操作して

ハートを救出し、脱出するというゲームです

攻撃方法は少し変わっています

爆弾を左右に投げれるのですが、

爆弾が爆発して広がっていく煙で

敵を倒せるというシステムです

操作は8方向レバーで移動

2ボタンは 左右に爆弾をは放ちます

<スポンサーリンク>


このゲーム特有の操作に苦戦?

ちゃっくんは地面を移動する以外に

地面からは足を伸ばして段を登ったりして

天井に張り付くこともできます

これがちょっと “難アリ”な操作になります

ゲーム開始はチュートリアル

1面(このゲームではステージをMAZEと呼びます)では

練習面となっており、

プレイヤーは ここで操作を理解します

ちゃっくんぽっぷ-練習ステージ
<ちゃっくんぽっぷ-練習ステージ>

“TRAINING STAGE”と書かれてますね

自分の爆弾で死なないように!

唯一の攻撃方法である爆弾(の煙)は

敵を倒せますが、自分も接触すれば死にます

意外と、このパターンで1匹失うことは多いです

爆弾の撃ちかたも様々

ちゃっくんは 上方向に入れるとジャンプしますが

この状態で爆弾を撃つこともできます

(これが必要なMAZEもあります)

左右に1個ずつ(計2個)しか撃てないのですが、

これの煙を重ねることにより、届きそうにない

ところに煙を伸ばすこともできます

<スポンサーリンク>


MAZEが進むと新たな仕掛けが

ゲームを盛り上げる要素となっています

アイスブロック

水色のブロックは爆弾で壊せるように

なっています

ちゃっくんぽっぷ-アイスブロック
<ちゃっくんぽっぷ-アイスブロック>

基本壊していくのですが、

中には(先に)壊すと 厄介なものもあります

ムービングブロック

これに乗って移動したりも出来ます

終盤のステージではこれを利用しないと

進めないので、扱いには“慣れ”が必要です

ちゃっくんぽっぷ-ムービングブロック
<ちゃっくんぽっぷ-ムービングブロック>

これに挟まれると 敵も自分も死んでしまいます

ウォーターボトル

爆弾で壊すと水が流れ出てきて、下に水が

貯まるような仕掛けです

ちゃっくんぽっぷ-ウォーターボトル
<ちゃっくんぽっぷ-ウォーターボトル>

水が貯まってないと行けない場所が

あったりするのですが、基本 水の貯まり場は

ちゃっくんにとって不利です

<スポンサーリンク>


ちゃっくんぽっぷの最後は?

全14面、最後があるゲームです

最終面は MAZE14!

ちょっとイジワルなマップになっています

ちゃっくんぽっぷ-MAZE-14
<ちゃっくんぽっぷ-MAZE-14>

画面下の中央から右は、袋小路になって

いるので、先に左下から壁を壊しておく

必要があります

そしてエンディングへ

MAZE14のクリアで、晴れてエンディングです

ちゃっくんぽっぷ-エンディング
<ちゃっくんぽっぷ-エンディング>

どうやら結婚したようですね

このあとは 2周目のMAZEとなります

実はこんな感じのアイキャッチ動画を

時どき挟んでくるのが、

このゲームの特徴(魅力?)ですよね

ちゃっくんぽっぷ-MAZE6-クリア時
<ちゃっくんぽっぷ-MAZE6-クリア時>

↑これは、ミスちゃっくんを追いかけてた

もんすたを

でっかいちゃっくんが踏み潰します

ちゃっくんぽっぷ-MAZE12-クリア時
<ちゃっくんぽっぷ-MAZE12-クリア時>

↑これは、追いかけられている2人が

風船に乗って逃げます

この手の演出があるゲームは

他にもありますが、ちゃっくんぽっぷは

よく出来ていると思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>