泡を撃ち、3つ以上くっつけて消滅/パズルボブル

PUZZLE BOBBLE-1994年(タイトー)

画面固定型のアクションパズルゲーム

テトリスなどの “落ち物系”ではないが、

よく似たルールとなっている

同社の “バブルボブル”をパロディにした

ゲームデザインで、

キャラクターなども使用されている

パズルボブル-ゲーム画面
<パズルボブル-ゲーム画面>

操作は 4方向レバーと ボタン1つ

<スポンサーリンク>


パズルボブルをやってみる

“バブルボブル” のパロディから始まった

ゲームのようですが、

本作と同じようなルールのゲームが

今でも存在するので、こちらのほうが

世間では有名かもしれません

パズルボブルの基本ルール

デモ画面で説明があるので、

迷うことはないと思います

基本ルールの、

同じ色の泡を 3つ以上くっつけると消える

というのが 全てです

ちなみに、はじめから同じ色が 3つ以上

くっついてる場合は、次の(同じ色の)泡が

付き次第消えます

そして画面にある泡を全て消すと

クリアとなります

逆に、泡が一番下のラインを超えてしまうと

ゲームオーバーです

パズルボブル-デモ画面1
<パズルボブル-デモ画面1>

切り離しで連鎖?

落ち物にありがちなラッキーな仕組みです

パズルボブル-デモ画面2
<パズルボブル-デモ画面2>

この場合、緑の泡を撃って 上部の緑を消すと、

右側の赤い泡の集団が落ちてしまいます

これは、消したのと同じことになるので

繋がってる根元は狙い目です

“お題”を次々とこなすゲーム

最初に “1人で遊ぶ” を選択した場合、

コンピュータと対戦するのではありません

ラウンドごとに用意された“お題”

(あらかじめ配置された状態でスタート)

をこなします

序盤の難関、ラウンド8

パズルボブル-ラウンド8
<パズルボブル-ラウンド8>

色がバラバラで、

さらに敷き詰められているので 大変です

クリアに 2分以上かかりました

うってかわって ラウンド9では簡単です

パズルボブル-ラウンド9
<パズルボブル-ラウンド9>

右側の緑4つを消してしまえば、

右側が ガラ空きになり、上部のオレンジを

消して終了です

そうでなくても、横壁が反射することを

利用して、一発目のオレンジ泡で隙間を

通せられれば、一撃終了です

<スポンサーリンク>


パズルボブルの最後は?

全30ラウンド

序盤から結構難しい面が登場するので、

全体としてはボリュームのある感じです

最終面、ラウンド30

やはり一番の難関ラウンドでした

パズルボブル-ラウンド30
<パズルボブル-ラウンド30>

ジャマな泡(不必要な泡)をどこに撃つか

(撃った場所の泡(色)が犠牲になる)

が大きなポイントです

段が下がってくるスピードも速く、一度

間違うと取り戻すことはできません

結局、“運”しかないのかも

そしてエンディングへ

クリアすると

「CONGRATULATIONS
YOU HAVE CLEARED ALL ROUNDS!!」

のメッセージがあり、

その後 意味のよくわからない絵です

パズルボブル-エンディング
<パズルボブル-エンディング>

スタッフロールは自社の・・・

バックミュージックは “バブルボブル”

メインテーマのアレンジ版です

パズルボブル-スタッフロール
<パズルボブル-スタッフロール>

背景の星座も ダライアスのキャラクター

だったりします

これで 完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>