新体操のキャラの格ゲー/風雲黙示録-格闘創世-

SAVAGE REIGN(ふううんもくしろく)

-1995年(SNK)

2Dグラフィックの格闘ゲーム

サムライスピリッツなどに採用されている

画面の拡大縮小機能、

フィールドが上段と下段の2レーンあるなどの

特徴がある

風雲黙示録-ゲーム画面
<風雲黙示録-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン4つ

<スポンサーリンク>


風雲黙示録をやってみる

格ゲーの人気は、ヒロインキャラで決まる!

かどうか分かりませんが、

本作では新体操のようなコスチュームの

キャラクターがいます

風雲黙示録-キャロル
<風雲黙示録-キャロル>

これは正直、思い切りましたね

キャラクターセレクト

ゲーム開始時に10人から選びます

風雲黙示録-セレクト画面
<風雲黙示録-セレクト画面>

今回は もちろん “キャロル”を選びました

このゲームでの倒すべき相手、“獅子王”は

実はこの10人の中に入ってます

この設定はよくわからないです

まあ、選ばなかった人たちと戦っていく、

というのは他の格ゲーと同じです

同キャラ対決もあるので、全10戦になります

10戦目が “獅子王”になるのですが・・・

上段、下段の2層システム

このゲームの特徴的システムで、

フィールドが2層になっています

風雲黙示録-2層
<風雲黙示録-2層>

格ゲーでは珍しいかもしれません

「これって“層”を分かれて逃げ切れば、

タイムアウトで勝てるんじゃね?」

なんて思いましたが そうはいきません

層が分かれていても飛び道具(飛びコマンド)

は撃てますし、撃たれます

逆に別層に離れてしまうと、こちらの攻撃が

当てにくく、不利な気がします

<スポンサーリンク>


風雲黙示録の最後はどうなる?

全11バトル

ゲーム開始時からラスボスの話が出ています

そいつが登場した10面で最後かなと

思いきや・・・です

バトル10、獅子王の登場です

最初に会話があります

風雲黙示録-バトル10-1
<風雲黙示録-バトル10-1>

「キャロル・スタンザック
我が妻にふさわしい娘よ」

「勝手にきめないで!
自由にしたいのなら私に勝つことね!」

そして戦闘です

風雲黙示録-バトル10-2
<風雲黙示録-バトル10-2>

意外と簡単ですよ!

と思ったのも束の間・・・

バトル11、真のラスボス登場

「R.SHISHIOH」としか表示されませんが、

Wikipediaによると「真・獅子王」です

まずはセリフです

風雲黙示録-バトル11-1
<風雲黙示録-バトル11-1>

「ふはははは・・・」

「獅子王の実力がその程度と
思ってもらってはこまる」

「そやつは我が影武者にすぎん
真の獅子王の力とくと見るがいい」

じゃあ、影武者と結婚させられそうに

なってたけど、それはいいの?

という疑問もありますが、ゲームは続きます

背景にあった大きな像が壊れ、

ラスボスである 「真・獅子王」が登場

第11バトルに突入します

風雲黙示録-バトル11-2
<風雲黙示録-バトル11-2>

とんでもなく強いです

「影武者って必要なの?」ってぐらいです

でも なんとかクリアしました

風雲黙示録-バトル11-3
<風雲黙示録-バトル11-3>

「うっそーーっやっつけちゃった
これで私は自由なのね」

そしてエンディングへ

当然、キャロル専用のエンディングです

まずはラスボスとの会話です

風雲黙示録-エンディング1
<風雲黙示録-エンディング1>

「私に勝てないようじゃ
だめだめだめっ!」

「結婚なんてとんでもないわっ
あきらめてね」

「・・・」

「それじゃあ さようなら 元気でね」

場面は変わり、遊園地です

「これからは自由なのね
うふふふふ・・・」

「ひっほーーーっ!」

風雲黙示録-エンディング2
<風雲黙示録-エンディング2>

「むかえに来てやったぜーーっ!」

「せーーのっ!」

で、キャロルに飛び掛りますが

逆に投げ飛ばされます

「いつ見てもたまんねーーや
ひょほほーーっ」

懲りずにキャロルを追うと、

キャロルは逃げ出します

「キャーーッ
いやーーっ!!」

で 終わりです

ゲームの方も完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>