大自然のおしおきよ!/サムライスピリッツ

SAMURAI SPIRITS-1993年(SNK)

2Dタイプの格闘ゲーム

SNKといえば餓狼伝説シリーズが有名ですが、

別路線で本作を投入し、こちらもシリーズが

続き、息の長い作品となります

サムライスピリッツ-ゲーム画面
<サムライスピリッツ-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン4つ

ネオジオで動作するゲームはこの

タイプが多いです

<スポンサーリンク>


サムライスピリッツは人気格ゲー

後発の2D格闘ゲームになってしまったため、

注目されずに・・・

というポジションは逃れましたね

人気が高く、ネオジオの売り上げにも

貢献したのでは?

画面の拡大縮小機能

3D格闘ゲームでは当然の見え方ですが、

2D全盛に この機能は革命的(言いすぎ?)

でした

相手との距離が短いと、

サムライスピリッツ-近距離
<サムライスピリッツ-近距離>

遠くなると、

サムライスピリッツ-遠距離
<サムライスピリッツ-遠距離>

こんな感じです

刀などの武器アリの格闘

これでダメージを与えると死ぬのでは?

というのはゲームの世界では通用しません

とは言え、殴っていってダメージ制という

格ゲーの常識を守っているというか、

無視しているのかよくわかりません

侍どうしの闘い、という世界観のほうが優先され、

ユーザーから支持されているのは間違いないです

ちなみに刀で真っ二つにされる演出もあって、

シリーズ後発のものは訂正されているようです

看板キャラ(?)ナコルル

ちょっと姑息なゲームの売り方ですが、

(そもそも春麗が悪い!)

萌えな感じのナコルルを投入してきました

サムライスピリッツ-ナコルル
<サムライスピリッツ-ナコルル>

決め台詞も「大自然のおしおきよ」です

<スポンサーリンク>


サムライスピリッツの最後は?

がんばってみましたが、私の力及ばずで

最後までは無理でした

(いずれ挑戦するかな・・・しないかな?)

まず選択できるキャラと対戦し、

最後は(たぶん)天草四郎時貞と対戦します

3面クリア時

サムライスピリッツ-天草四郎1
<サムライスピリッツ-天草四郎1>

「クク、クククク・・・・
・・・・我、目覚めたり!」

「我が名は、天草四郎時貞。
いまこそ太平の世に破壊と滅亡を!」

4面クリア時は、

サムライスピリッツ-天草四郎2
<サムライスピリッツ-天草四郎2>

「クク、クククク・・・・。我こそは
天草が怨霊。さぁ暗黒神がおよびだ」

「暗黒神が私を?」

「ククク・・・・。我が神が、お前のもつ
力を必要とされている。
さぁ、我とともにくるのだ!」

「ふざけないで!だれが
貴方のいいなりになど」

「ククク・・・・ならば死をまっておれ」

という感じでした

6面クリア時は、

サムライスピリッツ-天草四郎3
<サムライスピリッツ-天草四郎3>

「クク、クククク・・・・。
またひとつ国が消えてゆくわ!」

「ン?・・・こやつは危険じゃ!
ただならぬ覇気をまとっておる」

ここまでです(私の力では)

7面目がクリアできずここであきらめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>