武器を使った3D型対戦ゲーム/ソウルエッジ

SOUL EDGE-1996年(ナムコ)

3Dグラフィックの格闘ゲーム

同ナムコには すでに “鉄拳(1994年)”があり、

シリーズ化もしているが、本作も別シリーズ

として続編も作られている

鉄拳バーチャファイターは 3Dグラフィックを

使用しているが、システムとしては2Dゲームと

同じで“奥行き” という概念がなかった

本作は格闘ゲームでは (おそらく)初めて

奥行きがあるゲーム

ソウルエッジ-ゲーム画面
<ソウルエッジ-ゲーム画面>

操作は8方向レバーとボタン4つ

ボタンは、縦斬り/横斬り/キック/ガード

<スポンサーリンク>


ソウルエッジをやってみます

鉄拳とは また違った面白さもあるのでしょうか

まずはキャラクター選択

8名からプレイヤーを選びます

ソウルエッジ-セレクト画面
<ソウルエッジ-セレクト画面>

女性キャラが 3名も入ってます

後でわかるのですが、ここで選んだキャラ用の

エンディングが用意されています

武器で戦うのがソウルエッジ

本作の特徴の一つです

全員が武器を持っており、それで相手を

切りつける、というのが基本的な攻撃方法です

(キックもあります)

武器で攻撃
<ソウルエッジ-武器で攻撃>

ただし 切りつけても 敵のダメージゲージが

減るだけで、他の格闘ゲームと同じです

まずは、8戦戦います

最初のキャラ選択画面にいた8人と対戦します

(同キャラ対戦もあります)

ソウルエッジ-ステージ2
<ソウルエッジ-ステージ2>

3戦目から強くなる気がしました

8戦終了すると、ラスボスに近づきます

<スポンサーリンク>


ソウルエッジの最後は?

今回は ソン・ミナを使用しました

最終ボス戦前、ステージ9

8戦終了後、セルバンテス戦です

ソウルエッジ-ステージ9
<ソウルエッジ-ステージ9>

なんか地面が坂になってる感じです

1発食らうと大ダメージなんで大変です

倒すと復活(?)するイベントです

ソウルエッジ-ステージ9-2
<ソウルエッジ-ステージ9-2>

最終ボスはセルバンテスになるの?

ついに最終ボスです

これで最後です

ソウルエッジ-ステージ10
<ソウルエッジ-ステージ10>

相手の名前が “SOULEDGE”となっている

のでソウルエッジ戦なんでしょうか

実は “ソウルエッジ”とは伝説の剣のことで

それをめぐって対戦してたわけです

そしてエンディングです

表紙に “SOULEDGE”と書かれた本が登場します

それが開かれエンディングが始まります

ソウルエッジ-エンディング1
<ソウルエッジ-エンディング1>

「これが救国の剣・・・」

「思わず小躍りしそうになりつつ、
“ソウルエッジ”に手を伸ばす。」

「しかしその剣は、とても彼女の
手に負える代物ではなかった。」

「彼女は“ソウルエッジ”を持ち上
げようとして・・・無様に、転んだ。」

「これが救国の剣? だってこれ、
どう考えても魔剣じゃないの?」

「・・・すぐに立直った彼女は、魔剣を
けり上げると元気に飛び出した。」

「しかしその勢いも、父を思い浮か
べただけで心許無くなってくる。」

「果たして父は、
家の玄関先に仁王立ちしていた。」

ソウルエッジ-エンディング2
<ソウルエッジ-エンディング2>

「ただし、
父のその目は微笑んでいたが・・・」

ここで本が閉じられ終了のようです

英文のほうがスクロールされて本格的(?)

なんですが、訳すと日本語と同じでしょうね

この後、スタッフロールになり完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>