ジャンプバグ-ワーゲンの不思議な冒険への旅

JUMP BUG-1981年(セガ)

横スクロール型のアクション(シューティング)ゲーム

自機は車(ワーゲン)ながら、スーパーマリオの

ようなジャンプを繰り返しながら進んでいく

ジャンプバグ-ゲーム画面
<ジャンプバグ-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーとボタン1つ

ボタンは前方に弾を撃つことができる

<スポンサーリンク>


ジャンプバグは常にジャンプ

ジャンプボタンがあるわけではなく、

自機は常に跳ね続けています

レバーの上方向は「高く飛ぶ」と

「ゆっくり落下」を可能にしていて、

レバーの下方向も同様に機能します

これを使って 着地点をコントロールします

ジャンプバグは “敵を撃つ”?

撃たなくても構わないのですが、

敵と接触すると“アウト”なので、着地点を

作る意味でも敵を倒しておくとよいです

基本はドル箱や宝石を取っていくゲームです

様々な面が用意されています

この時代にしては、変化に富んでいます

面の境目は、特に区切りがあるわけではなく

いつの間にか変わるシステムになってます

3面は火山のステージ

山が噴火する部分には 気を付けよう

ジャンプバグ-ステージ3
<ジャンプバグ-ステージ3>

4面はピラミッド

ジャンプバグ-ステージ4
<ジャンプバグ-ステージ4>

ここだけは強制スクロールではありません

上方向に出口があると教えてくれます

<スポンサーリンク>


ジャンプバグの最後は?

全8面

時間的には短く、はやく到達できます

最終面は着地だけ?

8面では、雲の上をポンポン飛んで得点を

稼ぎます

ジャンプバグ-ステージ8-1
<ジャンプバグ-ステージ8-1>

そして地面に着地すると終わりのようです

ジャンプバグ-ステージ8-2
<ジャンプバグ-ステージ8-2>

この後、画面中央に「REPLAY」と表示され、

2周目になります

特にエンディングのような演出は

用意されてなかったです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>