縦型のグラディウス?/V・V(ヴイ・ファイヴ)

V-FIVE 1993年(東亜プラン)

縦スクロール型のシューティングゲーム

東亜プランといえば

飛翔鮫究極タイガー(1987)、鮫!鮫!鮫!(1989)

などを思い浮かべますが、本作は

首領蜂(1995)に近いゲームデザイン

ヴイ・ファイヴ-ゲーム画面
<ヴイ・ファイヴ-ゲーム画面>

操作は8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットとパワーアップ確定

弾制限ありのボンバーが、本作では

採用されていない点が賛否分かれるところ

<スポンサーリンク>


ヴイ・ファイヴのゲームシステム

一般的な自機パワーアップ型ですが、

縦型にはあまりない方式を採用しています

なんとグラディウス方式

画面下にある武器のゲージが

カプセルを取ることによって右に移動します

ヴイ・ファイヴ-武器のゲージ
<ヴイ・ファイヴ-武器のゲージ>

表示されていないところは “SHOT”

(今持っている武器なので表示されてません)

グラディウスと同じくまずは “S-UP”

(スピードアップ)を取りましょう

その後は “POWER” で自機を増強します

3回上がります

“SHOT”、”SEARCH”、”MISSILE” は

どれか一つを選ぶことになります

“MISSILE” がグラディウスのオプションに

あたるのでオススメです

行き着くところは弾幕系

このゲームは2周あるのですが、

2周目は打ち返し弾を大量に撃ってきます

ヴイ・ファイヴ-ステージ7
<ヴイ・ファイヴ-ステージ7>

これは大変です

ボンバーシステムを搭載されてないことが

悔やまれます

(その代わりシールドが有効です)

<スポンサーリンク>


ヴイ・ファイヴの最後は?

6面構成ですが、2周して終了する形です

このへんも首領蜂怒首領蜂と同じですね

ステージ6をクリア!

とりあえず終わったかのようになります

ヴイ・ファイヴ-ステージ6クリア1
<ヴイ・ファイヴ-ステージ6クリア1>

「GREAT!
ALL STAGES CLEAR!」

続いて このようなメッセージ

「CONGRATURATIONS!」

(たぶん2つ目の”R” は “L” の間違い)

「LET’S PLAY SHOW TIME」

と表示された後に、

ヴイ・ファイヴ-ステージ6クリア2
<ヴイ・ファイヴ-ステージ6クリア2>

2周目はショータイムだそうです

本当の最終面、2周目ステージ6

ここでラスボス戦となるのですが、

残念ながら1周目と同じキャラでした

ヴイ・ファイヴ-ラスボス戦
<ヴイ・ファイヴ-ラスボス戦>

かなりしぶといです

と言うより 通常面のボス戦は、

それほど長期戦にならなかったです

ついに本当のオールクリア

1周目と同じく、

「GREAT!
ALL STAGES CLEAR!」

とメッセージが表示されます

その後、

ヴイ・ファイヴ-エンディング
<ヴイ・ファイヴ-エンディング>

自機が向こう側(地球の方?)へ

飛んで行きます

そして スタッフロールになります

今度こそ 完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>