邪剣ソウルエッジに対する霊剣/ソウルキャリバー

SOUL CALIBUR-1998年(ナムコ)

3Dグラフィックの格闘ゲーム

1996年に登場したソウルエッジの続編

前作と同じく 武器を使っての格闘技となる

また、ストーリー的にも伝説の剣を求める点も

前作と似る

選択できるキャラが 8名から10名に増え、

背景グラフィックが大幅に向上している

キャラクターの動きも かなりリアルになり、

実際の格闘術のようなデモ映像もある

ソウルキャリバー-ゲーム画面
<ソウルキャリバー-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン4つ

<スポンサーリンク>


ソウルキャリバーをやってみる

もう、この手の格闘ゲームは相当出たので

やることは同じです

まず、7戦行います

最初に 8名からプレイヤーを選択します

ソウルキャリバー-キャラ選択
<ソウルキャリバー-キャラ選択>

キャラによって武器が異なり、長さも随分

差があるので、

闘いかたも大きく変わるでしょう

そして選んだキャラ以外と順に闘っていく

ことになります

ソウルキャリバー-ステージ2
<ソウルキャリバー-ステージ2>

どのキャラと対戦しても、序盤は楽で

後半はキツくなっていきます

勝利後はお約束・・・

勝負を決した場面がリプレイで(角度を変えて)

流れ勝利を盛り上げます

そしてキャラに応じた 決めポーズ

ソウルキャリバー-決めポーズ
<ソウルキャリバー-決めポーズ>

<スポンサーリンク>


ソウルキャリバーの最後は?

XIANGHUA(シャンファ・柴香華)でやってみました

7戦目が終わると不思議な演出

光で画面が真っ白になり、剣が登場し

それと同時に人間(のような形)が形成されます

ソウルキャリバー-ステージ8-1
<ソウルキャリバー-ステージ8-1>

そしてシャンファの前には、かっこいい武器が

現れます

ソウルキャリバー-ステージ8-2
<ソウルキャリバー-ステージ8-2>

たぶん 敵がソウルエッジ、こちら側が

ソウルキャリバーなのでしょうね

最終戦、ステージ8

INFERNO(インフェルノ)と戦います

ソウルキャリバー-ステージ8-3
<ソウルキャリバー-ステージ8-3>

勝てばいつものリプレイがあり、その後

敵が砕け散っていく様子も流れます

決めポーズは ちょっと遠めにですね

ソウルキャリバー-ステージ8-4
<ソウルキャリバー-ステージ8-4>

そしてエンディングへ

シャンファ専用のエンディングのようです

ソウルキャリバー-エンディング1
<ソウルキャリバー-エンディング1>

「破滅の脈動に呼応するかのように
彼女の護法剣は真の姿を現した。」

「剣は彼女に比類なき力を与え、
彼女は剣に汚れなき魂を込める。」

「果てしなく続くとも思われた戦いは
シャンファの勝利で決着をみた」

ソウルキャリバー-エンディング2
<ソウルキャリバー-エンディング2>

「あたりを覆っていた乱雲が割れ、
溢れんばかりの曙光が降り注ぐ。」

「これでよかった筈・・・・
・・・・よね、母さん。」

「幼さすら残る面立ちに光を浴び
彼女はまぶしさに目を細めた。」

ここからスタッフロールになり、完全終了です

ストーリーのほうは、予備知識がなかったので

よくわかりませんでした

格闘ゲームなので、ゲーム中に説明したりは

しないのでしょうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>