グラディウスにはなれなかったか/ゼクセクス

XEXEX-1991年(コナミ)

同社のグラディウスと同じタイプの

横スクロール型シューティングゲーム

カラフルなグラフィックが特徴で

グラディウスシリーズとは別路線で

売り出したと思われます

<スポンサーリンク>


コナミ、やっちまったか?

“グラディウス”の登場でこのジャンルの覇権を

取っている“はずの”コナミですが、

R-TYPE(1987年 アイレム)をパ○ッてませんか?

溜め撃ちシステムを採用

これに関しては、結構他のゲームにもあるので

それほど問題ではないかも知れません

なんと! フォースがあるぞ

“フォース”という名前ではなく、“フリント”

と呼ぶのですが、よく似たシステムがあります

自機の先端に付けて敵の弾をブロックしたり

切り離して攻撃できます

まるで“フォース”・・・

ゼクセクス-フリント装着
<ゼクセクス-フリント装着>

切り離すとうねうねと動いてます

ゼクセクス-フリント切り離す
<ゼクセクス-フリント切り離す>

フォースと違い、自機の後ろには付けられません

また、自機がノーマル状態から持ってます

<スポンサーリンク>


シーンクリア毎にアニメーション

ゼクセクスでは 面のことを“シーン”とは呼びます

アニメーションというよりか、“挿絵” なんですが、

アニメーションと呼んでおきます

ゼクセクス-シーン1クリア後
<ゼクセクス-シーン1クリア後>

ゼクセクス-シーン2クリア後
<ゼクセクス-シーン2クリア後>

こんなのがシーン6まで続きます

「あれ? こんなの(アニメ絵挿入) って既にあるぞ!」

ローリングサンダー(1986年)

フェリオス(1989年)

パクリというより、この頃の流行かな

最終面だけ クリア後ではない

そして最終のシーン7では、ボス戦の前に

アニメーションです

ゼクセクス-シーン7ボス戦の前
<ゼクセクス-シーン7ボス戦の前>

「私自ら出る」

つまり コイツと戦う、という意味ですね

<スポンサーリンク>


ゼクセクス、最後はどうなる

ラスボスはこんな感じで登場します

ゼクセクス-ラスボス
<ゼクセクス-ラスボス>

途中からカニのような攻撃をしてきますが、

それほど強くありません

ただ、倒すのには時間が掛かります

ラスボスを倒すとエンディングへ

エンディングのアニメーションがあるのですが、

意味はよくわからないです

救出したお姫様を“フリント”に入ってもらい、

星に送り込む といった感じです

その後、メッセージが表示されます

ゼクセクス-エンディング
<ゼクセクス-エンディング>

そしてスタッフロールへ

これはちょっと・・・

という感じのスタッフロールに続きます

ゼクセクス-スタッフロール
<ゼクセクス-スタッフロール>

うーん、これはふざけすぎのような・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>