ギリシャ神話のシューティング/フェリオス

アーケードゲーム

PHELIOS-1989年(ナムコ)

 

一見、ドラゴンスピリットのような

縦スクロールのシューティングですが、

別系列のゲームです

 

8方向レバーとボタン1つ

ボタンのショットは空中物と地上物、両方撃てます

 

オプションに溜め撃ち・・・いいとこ取り

 

グラディウスのオプションによく似た

オプションが付きます

 

フェリオス-オプション装備
<フェリオス-オプション装備>

 

見た目も動きも同じです

 

あと、R-TYPEのように溜め撃ちもできます

 

縦シューティングでは ナムコが一歩も二歩も

進んでたのになあ

 

パワーアップはヒラヒラとやってくる

 

オプションなどの時機のパワーアップは

特定の敵を倒したときに現れる、

アルファベットの付いた鳥(?)を取ります

 

フェリオス-パワーアップ
<フェリオス-パワーアップ>

 

こちらはドラゴンスピリットの動きに似ています

 

ゲーム進行は捕まっている女性?

 

ステージクリア時に 現在捕まっている女性が

表示されます

 

この女性は“アルテミス”というそうです

 

また この女性はゲームの手順やボスの攻略法を

随時教えてくれます

 

フェリオス-アルテミス
<フェリオス-アルテミス>

 

コンティニュー画面では嫌な性格?

 

まずは こんな感じで表示されます

 

フェリオス-コンティニュー1
<フェリオス-コンティニュー1>

 

「はやく来て・・・」

と、甘いお誘いがあります

 

コンティニューをすると元気になります

 

フェリオス-コンティニュー2
<フェリオス-コンティニュー2>

 

「がんばって、アポロン!」

「はい!」なんて声が出てしまう人は、

回りに人がいないか注意しましょう

 

しかし、コンティニューをしないと・・・

 

フェリオス-コンティニュー3
<フェリオス-コンティニュー3>

 

「あんたなんか嫌いよ!」

 

捕まってるくせに、ずいぶんな言い方です

 

どちらかと言うと、

メーカーからのメッセージですね

 

フェリオス、最後は?

 

チャプター7で最終面です

(フェリオスでは

ステージを “チャプター”と言います)

 

まずは“PHELIOS”を集めます

 

ラスボス “ディポン”を倒すのに

“光の剣”が必要、と言われます

 

これは、“PHELIOS”の7つの水晶を集めること、

ということなので 実行します

 

オレンジの玉を壊すと アルファベットの

“P”、“H”、“E” ・・・が出現しますので

全て取ればいいのです

 

フェリオス-オレンジの玉
<フェリオス-オレンジの玉>

 

ハズレの場合もあります

 

そして、ラスボス戦

 

最後のボスは“いかにも”といった容姿の敵です

 

フェリオス-ラスボス
<フェリオス-ラスボス>

 

こいつには “光の剣”をお見舞いです

 

倒せばエンディングです

 

エンディングは割と簡素かも

 

捕まってたアルテミスを助け出しました

 

フェリオス-エンディング
<フェリオス-エンディング>

 

そしてスタッフロールになります

 

フェリオス-スタッフロール
<フェリオス-スタッフロール>

 

ロールはしません

ちょっと、ふざげた感じのスタッフ紹介です

コメント

タイトルとURLをコピーしました