アーケードでアクションRPG/カダッシュ(後編)

前編からの続きです

(まだ前編をご覧になってない方はコチラへ)

前回は、3面クリアまで行きました

<スポンサーリンク>


死んだはずのアベルが協力

4面開始時は、町も人もなく 情報は少ないです

画面右側へは 炎の海で進めません

左に進むと 途中、“アベルの墓” があります

カダッシュ-ステージ4-1
<カダッシュ-ステージ4-1>

犬もいますが(この時点では)会話はできません

戦士を選んだことを後悔

このあたりから敵も倒しにくくなってきました

カダッシュ-ステージ4-2
<カダッシュ-ステージ4-2>

戦士を選んで困ってることは、

リーチが短い!

ということです

かなり近寄らないと攻撃が当たらないのに、

敵からの攻撃は遠目から食らうのです

戦士で有利なのは 前半だけだったかも・・・

進んでいくと村発見

地底奥まで進むと、村がありました

そこで未亡人のジーナに会います

カダッシュ-ステージ4-3
<カダッシュ-ステージ4-3>

「私の夫 アベルは動物好きの
とてもやさしい人でした。」

「そんな夫を盗賊たちは・・・」

「お願いです! 私が生きていると
いうことの証に このペンダントを
アベルの墓に供えてあげて下さい!」

「戦士はジーナのペンダントを手に入れた」

と言われたので、せっかく奥深くまで来たのに

地上に戻ることになりました

なんとアベルの声が!

アベルの墓にジーナのペンダントを供えると

墓から声がします

「私の名前はアベル。
・・・・・そうでしたか。
妻は元気に暮らしていましたか・・・・・」

「これで私も安心して天国に行くことができます。
あなたには お礼のしようもありません。」

「私の墓を調べてみて下さい。
これは私からのお礼の気持ちです。
何かの役に立つよう願っています」

これで “アベルのペンダント” が手に入ります

動物の言葉がわかるアイテムだそうです

アベルの犬に会いに行きます

犬は地底のほうへ行ってしまってます

盗賊らしき人とすれ違った場所です

「あ、あなたは僕の言葉がわかるのですか?」

「僕の名前はリンリン。ご主人様のアベルには、
ずいぶん可愛がって頂きました。」

「憎っくき盗賊の連中は
壁の向こうにアジトを造っています。」

「右手にある壁を押してみて下さい。
きっとアジトへの通路があるはずです。
どうか、カタキをとって下さい!」

ステージボス戦になります

犬の言う通り進むと、盗賊らしき者と

遭遇します

「誰だっ! お前は! 我々のアジトを
見たからには生かしては帰さんぞ!!」

とセリフを吐いた後、ステージボス戦へ

カダッシュ-ステージ4-4
<カダッシュ-ステージ4-4>

勝利すると、“奇跡の笛”が手に入りました

地上に戻って “炎の海”のところで

この笛を使うと先に進めます

これで 5面へ

<スポンサーリンク>


最終面、敵の城に潜入

5面が最終面でした

このゲームのシナリオは、

王様からの依頼で始まりました

悪魔バーログにさらわれた 王女サラサを

救出することです

王女サラサを発見!

最終面は王宮のような場所です

そこをどんどん進み、王女らしき人物に!

カダッシュ-ステージ5-1
<カダッシュ-ステージ5-1>

「あ、あなたはもしや 私を助けに来て
下さったのですか? ああ、夢のようだわ。」

「私はサラサ。ディルザール国王の娘です。」

「バーログは恐ろしい怪物です。
ある日突然ディルザールに舞い降りて
私はさらわれてしまいました。」

「そして、私を助けようとしたお父様は
バーログの餌食に・・・・」

「え? まあ!
お父様は元気でいらっしゃるの?
きっと神様が助けて下さったのね。

「どこかにバーログの部屋に通じるカギが
あるはずです。きっとバーログを倒して
下さることを信じています。」

ちょっと引っかかる話でした

しかも、元々の目的(依頼)である救出から

バーログを倒せ! になっています

そしてバーログ戦!

さらにどんどん進み、バーログに会います

「クックックッ
とうとうここまで来おったか。」

「だが、戯れは終わりじゃ。
貴様の命 わしがいただこう!」

で、戦闘になります

カダッシュ-ステージ5-2
<カダッシュ-ステージ5-2>

ダメージを与えると第二形態となる竜の姿に!

その竜も、ある程度ダメージを与えると

去っていきました

これで一件落着か?

ラスボス戦(この時点では)を終えると

サラサ姫が現れ

「さあ、いっしょにディルザールへ
戻りましょう!」

と言って最初の城に戻ります

ところが、城の中では兵士たちが倒れています

幸い王様は無事のようです

「おお、戦士よ!
実は大変なことが起こったのじゃ。」

「お前が旅に出ている間に 城にバーログが
攻めてきて、この通り城は全滅じゃ。」

「かく言うわしもこの通り傷を
受けてしまった・・・・・」

そこにサラサ姫がやってきます

カダッシュ-ステージ5-3
<カダッシュ-ステージ5-3>

「嘘よ! この人はお父様じゃないわっ!」

「お父様がいつも身に付けていた
首飾りをしていないもの!!」

「・・・・・・・・クックックックッ!
ばれてしまっては仕方がない。
その通り! わしは魔王バーログじゃ!」

はじめにサラサが言ってた通り、さらわれた

タイミングで王様は殺されたと思われます

ということは、プレイヤーに依頼したのは

バーログだったことになります

これって・・・?

<スポンサーリンク>


カダッシュの最後はどうなる?

本当のラスボス戦になります

カダッシュ-ステージ5-4
<カダッシュ-ステージ5-4>

「いつの世も 強い者だけが世界を支配する。
そして支配者の名に最もふさわしいのが
このわしなのじゃ!」

「だからわしはサラサをさらい、
お前をここから遠ざけた。
世界に支配者は二人いらぬのだ!」

「わしの手でお前を葬ってやる!」

いまいち話が見えてこないのですが、

プレイヤーをこの城から離すためだけに

サラサをさらった ということでしょうか?

そしてエンディングへ

ラスボスを倒すと、サラサが見送りにきます

「どうしても行ってしまわれるの
ですね・・・・・・・。
姫は寂しゅうございます。」

「私もできればいっしょにお供したいところ
ですが、私にはこの国を建て直す義務があります。」

「旅の途中に もし近くを通ったときは、
ぜひディルザールに寄っていって下さい。

「そのときまでには きっとディルザールを
立派な国にしてみせますので・・・・。」

「では、お気をつけて。」

でしたが、去って行こうとすると

呼び止められます

「あ、戦士さん!」

画面が切り替わります

カダッシュ-エンディング
<カダッシュ-エンディング>

「大切なものをありがとう!」

この後、スタッフロールになり

完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>