フェンシング、剣道・・・/グレートソードマン

Great Swordsman-1984年(タイトー)

フェンシングなどを元にしたスポーツゲーム

タイトーブランドだが、製作はセタ

グレートソードマン-ゲーム画面
<グレートソードマン-ゲーム画面>

今のゲームと違い、プレイヤーは右側です

操作は 左右2方向レバーと ボタン3つ

ボタンはそれぞれ 上段、中段、下段となる

<スポンサーリンク>


グレートソードマンをやってみる

フェンシングのゲームは珍しいと思います

広い意味では格闘ゲームと言えますが・・・

フェンシングの後は剣道、

そして古代ローマのコロッセオとなります

プレイヤー名を決めます

競技の前に 自身の名前を入力します

グレートソードマン-ネーミング
<グレートソードマン-ネーミング>

うーん、悩んでもしょうがないので

“AAAAAA” にしました

最初は “フェンシング”

5ポイント先取で勝利となる競技です

上段、中段、下段をうまく使い攻撃します

相手と同じ段で構えてると、

攻撃はできません

ですが、攻撃を仕掛けると 逆に防御が

がら空きになる、というジレンマです

3人倒すと、

グレートソードマン-ステージ3
<グレートソードマン-ステージ3>

花が飛んできます

客から喝采を浴びた、ということかな

2ステージ目は“剣道”

剣道は2本先取となり、全部で5人と

(先鋒・次鋒・中堅・副将・大将)

戦います

特に3人目の緑は強かった!

グレートソードマン-ステージ6
<グレートソードマン-ステージ6>

実際の剣道でも、

こんな配置にするのでしょうか?

最後は “ROMAN”

ROMANと表示されるだけなので

何の競技かわからないですが、

背景と登場人物から推測すると、

古代ローマの見世物的なヤツでしょう

この競技は 7人と戦います

グレートソードマン-ステージ9
<グレートソードマン-ステージ9>

剣で戦ってます

そのせいか、1本先取制です

攻撃を食らえば即ゲームオーバーという

厳しい世界です

<スポンサーリンク>


グレートソードマンの最後は?

ゲーム開始から最後までに戦う相手は、

・ フェンシングが 3人、
・ 剣道が 5人、
・ ローマが 7人

なので 全15戦(15面)あります

最後は、ゼウス戦

競技名 “ROMAN” では、

ギリシア神話の神々と戦います

マーズ・ヘルメス・アポロ・ヘリオス・

オリオン・ウラヌス ときて、

最後は ゼウスです

グレートソードマン-ステージ15
<グレートソードマン-ステージ15>

名だたる偉人たち(架空)を

“AAAAAA” は 勝ってしまうのか!

グレートソードマン-クリア
<グレートソードマン-クリア>

勝てました!

正直、剣道の緑のほうが強かったかな

そしてエンディングへ

1画面だけ(しかも文字だけ)です

グレートソードマン-エンディング
<グレートソードマン-エンディング>

「CONGRATULATION

WE REMEMBER YOUR NAME
AS GREAT SWORDSMAN」

どうやらゲームタイトルでもある、

“グレートソードマン” になれたようです

ゲームの方は 2周目が始まります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>