自機はショットとソードのロボット/サイバトラー

CYBATTLER-1993年(ジャレコ)

縦スクロール型のシューティングゲーム

自機であるロボットは 弾を撃つ以外に

剣(ソード)で切る という攻撃方法もある

弾を撃つ方向を決められる点も特徴

サイバトラー-ゲーム画面
<サイバトラー-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは ショットとソード

<スポンサーリンク>


サイバトラーをやってみる

正直、「1993年のゲームならもう少し

グラフィックの品質が高くても・・・」

と思いました

ですが 独自のアイデアで、

他のシューティングにはない面白さが

あるゲームとなっています

弾を撃つ方向は重要か?

前方向以外に撃つ方法は、

・ 撃ちたい方向にレバーを入れる
・ ショットボタンを押したままにする

で 撃つ方向が固定され、

自機を移動させても

同じ方向に撃ち続けます

しかし、

「弾は前方向に固定、自機を動かせば?」

という普通のシューティングスタイルで

いいような気がします

そう思ってましたが1面でいきなり

サイバトラー-横方向攻撃
<サイバトラー-横方向攻撃>

前方を岩でガードしてる敵出現です

これは横方向から攻撃するしかありません

この後、画面下から次々と敵が現れ、

今度は下方向攻撃が必要になります

うまく考えられてますね

ソードで切る攻撃は有効か?

射程距離の短いソード攻撃はどうでしょう

サイバトラー-ショットとソード攻撃
<サイバトラー-ショットとソード攻撃>

接近するのはかなり危険と思われますが、

本作では “敵接触はノーダメージ” という

ルールがあるので、

近寄ることは問題ありません

(つまり、敵の弾だけが被ダメージ)

ただ、ショット攻撃も併用となるので

プレイヤーは混乱するかも知れません

そして 敵に接触できるというのは、

ゲーム攻略に大きく影響を与えます

<スポンサーリンク>


サイバトラーの最後は?

全6ミッション(本作では 面=ミッション)

割と短めです

ボス戦も比較的攻略しやすく、

敷居の低いシューティングとも言えます

ですが、最後だけは・・・

ミッション6、ラスボス戦

ラスボスの割には大きくないキャラですが

サイバトラー-ミッション6
<サイバトラー-ミッション6>

とんでもなく強いです

動きが速い上、

画面のような爪を飛ばしてくる攻撃は

かなりやっかいです

本作では コンティニューが戻りスタート

(その場スタートではない)なので、

真面目にボスを倒さなければいけません

(当たり前?)

倒すと

CONGRATULATIONS

YOU COMPLETED FINAL MISSION
AND WAR IS OVER

と表示されます

この後はエンディングか?

残念ながら、はっきりとした

エンディングは なかったです

サイバトラー-エンディング
<サイバトラー-エンディング>

スタッフロールのバックで

絵が変わっていくので、

それがエンディングなのかも知れません

ゲームのほうは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>