自機は龍、しっぽ部分は当たらない!/天聖龍

SAINT DRAGON-1989年(ジャレコ)

横スクロール型のシューティングゲーム

自機は、機械で作られたような“龍”で

あるのが特徴

見た目はサイバリオン(1988年タイトー)

自機に近い

天聖龍-ゲーム画面
<天聖龍-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン1つ

<スポンサーリンク>


天聖龍をやってみる

正直、サイバリオンのパ○リ感もあって、

「たいしたことないだろ」と思ってました

しかし、自機の特徴を利用した攻略もあり、

シューティングゲームとしても高品位な

ものであります

尻尾は当たらない!

自機の当たり判定がある部分は、頭だけ

尻尾部分は敵と当たらないどころか、

敵本体や弾をブロックできます

天聖龍-尻尾バリア
<天聖龍-尻尾バリア>

しっぽバリア状態です

避けるぐらいなら 尻尾で消してしまう方が

有利かもしれません

強力な武器を取ろう

アルファベットが書かれたアイテムを

取ることで、自機がパワーアップします

特に 「F」、「L」、「T」は 強力な弾を

放つことができ、

耐久力のある敵を倒すのに有効です

天聖龍-武器-T
<天聖龍-武器-T>

これは「T」を取ったときで、

移動する方向に強力弾を撃てるという

最終面では必須の武器です

<スポンサーリンク>


天聖龍の最後はどうなる?

全6面(Wikipediaによると)

実は、面の切り替わりが わかりにくいのです

画面がブラックアウトして、後方から自機が

再登場するシーンを数えていくと 5面に

なります (6面とするなら 背景が変わった

タイミングなのかも)

ステージ6、ラスボス戦

ちょっと変わったラスボスです

天聖龍-ステージ6
<天聖龍-ステージ6>

(黄色い巨体は背景です)

核となるボスと複数の取り巻きが、

フォーメーションを組んで ボワっと現れ、

フォーメーションを変えつつ攻撃、そして

ボワっ消えていく、の繰り返しです

取り巻きを確実に倒して、数を減らすのが

攻略でしょう

そしてエンディングへ

短いですが、メッセージの表示です

天聖龍-エンディング
<天聖龍-エンディング>

「WE CONGRATULATE YOU
ON COMPLETING THIS GAME
GREAT PLAYER!

WE APPLAUD YOUR BRAVE FIGHT
SEE YOU AGAIN!

PRODUCED BY NMK」

グーグル翻訳すると、

「私たちは、このゲームの
素晴らしいプレーヤーを完成させました!

私たちはあなたの勇敢な戦いが
あなたに再び会うことを称賛します!

NMKが生産」

ゲームのストーリーでは なかったですね

これで 完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>