ストーリー型RPG/ライトブリンガー(前編)

LIGHT BRINGER-1994年(タイトー)

クォータービュー型のアクションゲーム

敵を倒して経験値を得たり、レベルアップ

するなど、RPG色の高いゲームデザイン

ライトブリンガー-ゲーム画面
<ライトブリンガー-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 攻撃とジャンプ

<スポンサーリンク>


ライトブリンガーをやってみる

敵を倒したり物を壊したりすると、

お金・アイテム・武器・食料が出現します

お金とアイテムは経験値となり、これを

貯めることでレベルアップします

ライトブリンガー-レベルアップ
<ライトブリンガー-レベルアップ>

拾った武器は投げて使用します

食料はダメージの回復になります

ボスのブロックを目指せ!

1つのシナリオの最後に、

ボスが待ち構えています

そこへ進むために いくつものブロックを

クリアしていきます

ライトブリンガー-マップ
<ライトブリンガー-マップ>

ブロック内は閉ざされた空間で、

次へ進む扉を開ける条件は、特定の敵を倒す、

スイッチを入れる、などです

ゲーム開始時に事件発生!

このゲームのストーリー部分です

冒険者の宿 “白鹿亭”で 正義の味方たちが

くつろいでいると 青年がやってきて、

「たいへんだ!!魔物がせめてきたぞ・・・
王女さまがさらわれてしまった。
だれか、助けを!」

ここでプレイヤーセレクトになります

ライトブリンガー-セレクト
<ライトブリンガー-セレクト>

・(剣士)アッシュ
・(エルフ)システィー
・(戦士)グレン
・(魔術師)ヴォルド

この 4人から選びます

今回はエルフの システィーでやってみました

王女がさらわれる!

宿を出ると事件が起きてました

ライトブリンガー-シナリオ1
<ライトブリンガー-シナリオ1>

「助けて・・・・・!」

「あきらめろ、王女よ。おまえは、
魔神復活のための、イケニエになるのだ」

「私の一族をほろぼした魔神を、
復活させるなんてゆるさない!!」

「ザコがなにやらほざいておるが、
いまは、ほうっておいてやろう」

で、王女は連れ去られてしまいます

この連れ去った悪者が、今回の黒幕となる

ヴェノム” です

ちなみに 今回選んだ “システィー” には、

「魔神が一族の村を襲った」という過去があり

魔神は個人的にも倒すべき相手なのです

シナリオ1のボスを倒すとまた・・・

ボス討伐後、このボスは操られていたような

セリフを言います

そこに ヴェノムが現れます

「おまえには、まだまだはたらいて
もらわねばならないのだよ。
水の精霊フォンテーヌの霊力を、
うばうまではな・・さらばだ!」

「フォンテーヌ・・・!水の精霊、
彼女をどうする気なの!」

ヴェノムは、せっかく倒したボスを連れて

去っていきました

<スポンサーリンク>


王女とは別の救出劇

シナリオ2になります

「-水の精霊フォンティーヌの神殿-」
だが冒険者達がついたときには、
すでに魔物の手におちていた・・・・・」

(さっきまでフォンテーヌ、だったのに)

そしてしばらく進むと、なんと

フォンティーヌに会えます

ライトブリンガー-シナリオ2-1
<ライトブリンガー-シナリオ2-1>

「私は水の精霊フォンティーヌ・・
おねがい!助けて! 私の霊力を、
ヴェノムがうばいにきたの!」

フォンティーヌ自身を奪ったわけでは

ないのかな?

そしてボスのブロックへ到着すると

フォンティーヌが倒れています

ライトブリンガー-シナリオ2-2
<ライトブリンガー-シナリオ2-2>

あれ? こっちがフォンティーヌの

本体っぽいです

今までのフォンティーヌは化身かな

そして ヴェノムもいますね

「きたか! フォンティーヌならば
ここにいるぞ・・・」

「だめよっ!こないで・・・・・・
私は・・・私はもうダメなの・・」

「あわてるな・・・すぐに会わせて
やるわ・・・・あたらしいすがたの
フォンティーヌにな・・・
フハハハ」

フォンティーヌは蜘蛛のような姿になります

ライトブリンガー-シナリオ2-3
<ライトブリンガー-シナリオ2-3>

「・・おねがい・・私を殺して・・
でないと・・・アナタタチヲ・・・・・
コロシテシマウ・・・・・」

「そんな!フォンティーヌなの?
なんて・・・なんてことを!」

そして蜘蛛のフォンティーヌと戦います

勝利後、正気を取り戻した感じです

「ありがとう・・・ごめんなさい、
私の力が悪用されてしまって・・」

「北へ・・北の廃墟に行って・・・
ヴェノムはそこへ向かったわ・・・
おねがい、あいつを止めて!
そしてこの世界に光を取りもどして!」

「フォンティーヌ・・・あなたは
自然界に還るのよ・・もうだれにも
あなたの力を悪用させないわ・・」

これで、シナリオ2 は終わりです

どうやら、精霊フォンティーヌは

助けられなかったようですね

しかも、王女を助けるという

本来の目的も残ってます

ちょっと 長くなりそうなので、続きは

「ライトブリンガー(後編)」で記述します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>