疑似3Dからの脱却!/リッジレーサー

Ridge Racer-1993年(ナムコ)

3Dタイプのレースゲーム

今までに無い高品位なグラフィックと、

リアリティーの高い 滑らかな動きで

レースゲームの革命を起こしたゲームです

リッジレーサー-ゲーム画面
<リッジレーサー-ゲーム画面>

操作は専用筐体であるため、

ステアリングとアクセル/ブレーキ

マニュアルを選んだ場合はシフトレバーも

<スポンサーリンク>


リッジレーサーはこんなゲーム

この時代、レースゲームといえば通信型で

連なった複数の筐体が全盛でした

こんな中、リッジレーサーは1プレイ専用で

登場します

(通信可能なのは リッジレーサー2)

疑似3Dとは 明らかに違う!

プレイヤー視点のレースゲームといえば、

これまで疑似3Dであるのが当然でした

なので リッジレーサーの登場は

今までに(ゲームとしては) なかった

動きに感動しました

実は 3Dのレースゲームと言えば

アタリ社から すでに登場してましたが、

ポリゴンのみであったため、やはり

リッジレーサーの完成度の高さは見事です

カーブはドリフトで切り抜けろ!

スピードを出したままでは カーブが

曲がれない、というのはレースゲーム共通です

(実際の車も そうですが)

リッジレーサーではドリフトで曲がると

スピードを保ったままカーブを乗り切れます

ただ、後輪を滑らせた時間が長ければ、

それほど有効ではなく

逆ハン(カウンターステア)もタイミングよく

入れる必要があります

リッジレーサー-ドリフト失敗?
<リッジレーサー-ドリフト失敗?>

滑りすぎると車体が横を向いたままに!

PS版とは比べ物にならない?

プレイステーションが新発売されたときの

目玉ソフトであったリッジレーサーは、

とても完成度が高く (おそらく)誰も

文句を付けなかったと思います

しかし、あらためてAC版を見てみると

きめ細やかさが 全然違います

ただ、人間(レースクイーン)が合成のようで、

リッジレーサー-レースクイーン
<リッジレーサー-レースクイーン>

これはちょっと・・・と思います

<スポンサーリンク>


リッジレーサーの最後は

ゴールまで走りきるだけのゲームなので、

特にエンディングなどはありません

ただ、1位だと・・・

選べるコースは4種類

PS版と同じく4コースから選びます

リッジレーサー-コースセレクト
<リッジレーサー-コースセレクト>

ただし、車を選ぶことは出来ません

(黒い高性能車もゲットできません)

今回は中級でやってみました

3位でクリアすると・・・

順位の発表のあと、こんな感じに

リッジレーサー-3位でクリア
<リッジレーサー-3位でクリア>

これでゲームオーバーになります

1位でクリアすると!

順位発表の前に、

ウイニングランと称してリプレイ映像です

リッジレーサー-1位でクリア
<リッジレーサー-1位でクリア>

これはPS版と同じですね

しかし映像の長さが PS版より短いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>