水ウィローを探しに「いっくぽ〜ん」/コットン2

COTTOn2-1997年(セガ/サクセス)

横スクロール型のシューティングゲーム

前作「コットン」の続編

前作は セガブランドでもあったが、

本作ではタイトルにセガの表記はなく

製作元であるサクセスの名前だけになっている

コットン2-ゲーム画面
<コットン2-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

<スポンサーリンク>


コットン2をやってみる

本作のシリーズでは、

主人公 “コットン” はちょっとおバカなキャラで

シナリオもギャグ路線のゲームです

ゲームスタートで、シナリオ開始

デモ画面でも似た説明がありますが、

ここでより詳しく見ることができます

妖精の国フィラメントのはるか南にある
パンプキン王国では、魔力を秘めた国宝
「水ウィロー」の力によって人々は皆、
平和にくらしていました。

そんなある日のこと、王室一の
おてんば娘「アプリ」は、「水ウィロー」の
持つ魔力によって自分の望みをかなえようと、
人々が寝しずまった真夜中にこっそりと
お城から持ち出してしまいました。

ところがその時、突然起こったつむじ風に
よってアプリは、「水ウィロー」と共に
街外れの森まで吹きとばされ、気がつくと
「水ウィロー」をなくしていました。

コットン2-ステージ1-1
<コットン2-ステージ1-1>

さあ大変です!アプリはあわてて
「水ウィロー」を探しはじめました。
と、その時・・・

アプリ
「ん?」

後ろからやってきたコットンにぶつかります

コットン2-ステージ1-2
<コットン2-ステージ1-2>

アプリ
「おい!お前!!」

コットン2-ステージ1-3
<コットン2-ステージ1-3>

アプリ
「お前だっ!」

コットン
「痛いわね。何するのよっ!」

アプリ
「それはこっちのセリフだっ!」

コットン2-ステージ1-4
<コットン2-ステージ1-4>

ニードル
「アプリィ。こんなところでモタモタ
しないで、早く「水ウィロー」を
さがしださなきゃいけないだわさ!」

コットン
「うっ!ウィロー!!」

アプリ
「そうだ。早く「水ウィロー」をもとに
もどさないと、大変なことになっちゃうよ!
いくぞ!ニード・・・」

コットン2-ステージ1-5
<コットン2-ステージ1-5>

「いっくぽ〜ん!!」

で、ゲーム開始です

ステージ5で、見慣れた風景?

ステージ5で背景に古い洋館があります

コットン2-ステージ5
<コットン2-ステージ5>

これは初代コットンの1面では?

実は前面(ステージ4)でそれを示唆する

会話があったのです

コットン2-ステージ4
<コットン2-ステージ4>

シルク
「ねぇねぇ、コットン。見慣れた風景が
見えてきた気がするんだけど・・・」

実際、コットン1をやって見ましたが

洋館の大きさ(縮尺)が だいぶ違い、

同じかどうか微妙でした

<スポンサーリンク>


コットン2の最後は?

全7ステージ

ステージ7 はラスボス戦のみなので、

実質 6面+ラスボス戦、といったところです

(これは初代コットンも同じです)

ステージ7、ラスボス登場

ステージ7に入る前にラスボスが登場します

そしていろいろ語りますが、

コットン2-ステージ6-1
<コットン2-ステージ6-1>

コットンとアプリは喧嘩をしていて

全く聞いてない様子

コットン2-ステージ6-2
<コットン2-ステージ6-2>

こんな調子でステージ7に突入します

コットン2-ステージ7
<コットン2-ステージ7>

設定をイージーにしていたせいか、

連射でなんとかなりました

そしてエンディングへ

なぜか2人で城に戻っています

コットン2-エンディング1
<コットン2-エンディング1>

王(?)
「皆の者、しずかに!
・・・でアプリよ、重大な話とは何だ?」

アプリ
「じつは・・・強力な魔法をためしたくて
勝手に水ウィローを持ち出したのは
僕なんです。
ごっ、ごめんなさいっ!!」

(おおおっっ・・・ザワザワ・・・)

王女(?)
「そうでしたか・・・。あのウィローは
たしかに持つ者の魔力を引きあげる力も
ありますが、それ以上にこの王国の大地の
バランスを保つためになくてはならない、
とても大切な宝だったのですが・・・。

その宝が失われた今、
この王国のゆくすえはもう・・・。」

コットン2-エンディング2
<コットン2-エンディング2>

コットン
「ちょっとっ!そんな事は
ど〜でもいいわよっ!
それより、すんごいビッグでグレ〜トな
プルル〜ンボヨヨ〜ンのウィローちゃんは
どこなのよっ!」

「どこっ!どこっ!ど!・・・ぽっ・・・。」

コットンのお腹がゴロゴロ鳴り出します

「あれっ?・・・
なんがおながの具合が・・・」

シルク
「あららっ・・・だから森に落ちてる
ウィローなんて食べちゃだめって言ったのに。
だってあのウィロー、色が変だったし・・・。」

コットン2-エンディング3
<コットン2-エンディング3>

アプリ
「ちょっと待て。森でひろって食べたその
ウィロー、水色っぽい色していなかった?」

コットン
「いたたたっ・・・そうよ。水色の
ウィローちゃんなんて食べた事なかったから
食べてみたら、プニプニした歯ざわりは
なかったけどまあまあの味だった・・・」

アプリ
「まあまあの味じゃねぇよっ!!」

「せっかく盗み出した水ウィローの力で
カッコイイお兄様達を集めたハーレムを
つくる計画がだいなしじゃないか!」

コットン
「そんな事知ったこっちゃないわよ!!」

アプリ
「なんだと~!」

コットン
「なによっ!!」

コットン2-エンディング4
<コットン2-エンディング4>

王(?)
「いっ、いい加減にせんかお前達〜っ!!
二人そろって、牢屋で頭を冷やしてこ〜い!!」

2人は城の外へ逃げだします

コットン
「いっくぽ〜ん!」

アプリ
「レッツゴー!」

コットン2-エンディング5
<コットン2-エンディング5>

「水ウィローを失ったパンプキン王国は
しだいに荒れ果て、魔物で埋め尽くされた
魔の大地になってしまったとさ・・・」

で、スタッフロールになります

・・・これって

バッドエンディングですよね

と思って、ニコニコ動画にあった全クリ動画を

見たところ、

どうやらこれが正規のエンディングだそうです

スタッフロールが終わると

「CONGRATULATIONS!」

との表示もあります

うーん、納得できないような、

元々おふざけなゲームだったし・・・

とりあえずゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>