おっさん自身でブロックくずし/ブロックカーニバル

BLOCK CARNIVAL(THUNDER & LIGHTNING2)

-1992年(ビスコ)

ブロックくずしの派生型ゲーム

1986年にタイトーから “アルカノイド” が

登場して以来、

各メーカーからアルカノイド人気に乗った

派生型アルカノイドがいくつも登場したが、

本作は別のインパクトで個性を出している

ブロックカーニバル-ゲーム画面
<ブロックカーニバル-ゲーム画面>

この手のゲームでは、

自機はバウスやラケットと呼ばれるものが

使われているが、本作では “”である

そして 壊すのは “ブロック”ではなく

“食べ物”という点も異質

操作は 左右2方向レバーと ボタン2つ

ボタンは玉の発射(もしくは人の発射)、

移動スピードを上げるのに使用

パドルと呼ばれるボリュームつまみではない

ところも本作の特徴

<スポンサーリンク>


ブロックカーニバルをやってみる

このゲームの特徴は、主人公が普通の

おっさんで、その体で玉を跳ね返します

そういうゲームデザインもあって、

アルカノイドの派生版とは呼べないでしょう

「ブロックくずし + お笑い」

といった感じでしょうか

ブロックカーニバルのフィールド

いろいろ気になるものがあります

ブロックカーニバル-ワールド1-1
<ブロックカーニバル-ワールド1-1>

左右に穴が空いてますが、

玉がここに入ったりはしません

おじゃまキャラの出入り口です

今は豚が歩いていますが、そいつは右から

出てきて 左へ消えていきます

画面下に 黄色い文字で TIMEがあります

これが 0になると、主人公は1段上がって

ゲームが難しくなります

パワーアップアイテム

取得したアイテムで自身がパワーアップ

するという、アルカノイド仕様もあります

・ WIDEと書かれたアイテム

このタイプのゲームによくあるバウスが

横に伸びるヤツ・・・と思ったら、

ブロックカーニバル-ワイド
<ブロックカーニバル-ワイド>

「手を伸ばすだけかよっ!」

アイテムなしでも出来るだろうに・・・

・ 銃の弾の形をしたアイテム

「これもアルカノイドにある ミサイルを

撃つヤツか?」と思ったら

ブロックカーニバル-ショット
<ブロックカーニバル-ショット>

「自分が飛ぶのかよっ!」

しかも玉を跳ね返すことができなるなるため、

安全なタイミングでしか撃てません

ワールドの最後はボス戦

まず通常面を3つこなし、

4つ目が 1ワールドの最終面となります

ブロックカーニバル-ワールド1-4
<ブロックカーニバル-ワールド1-4>

もうブロックくずしではありません

(はじめからブロックくずしを

名乗ってないかも知れません)

デモ画面で気になる演出

食べ物が宇宙を飛んでるシーンです

ブロックカーニバル-デモ画面
<ブロックカーニバル-デモ画面>

あれ?これって見たことあるぞ!

クォースですよね

クォース-デモ画面
<クォース-デモ画面>

これは狙って作ったのかな

<スポンサーリンク>


ブロックカーニバルの最後は?

全4ワールド

ワールドの中に4つのエリア(ステージ?)が

あるので、全部で16面あることになります

最終面、WORLD4-4

ラスボスのコードネームは

“ファイヤースターコーン” と紹介されます

ブロックカーニバル-ワールド4-4
<ブロックカーニバル-ワールド4-4>

小型ロケットが右から左へ通り過ぎますので

これの上に玉が行けばラッキーです

そしてエンディングへ

なぜかキャラクター紹介になります

ブロックカーニバル-エンディング1
<ブロックカーニバル-エンディング1>

FIGHTER 1

OOEDO VISBEE (58)

「オオエド ビスベェ」でいいのかな

ブロックカーニバル-エンディング2
<ブロックカーニバル-エンディング2>

FIGHTER 2

OOEDO VISZOU (34)

「オオエド ビスゾウ」ですね

エンディングはこれだけです

特に背景となる物語は存在しないのかな?

これで、ゲームオーバーになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>