大忙し!四角く囲ってブロックを消す/クォース

QUARTH-1989年(コナミ)

アクション型のパズルゲーム

1988年にアーケード版テトリスが登場して

この手のゲームが かなり発売されたと

思いますが、本作は中ヒットクラス(?失礼)

の部類で、知っている人も多いと思います

クォース-ゲーム画面
<クォース-ゲーム画面>

操作は 左右移動用レバーとボタン1つ

レバーは下方向に入れるとスクロールを

速くすることができるので、

3方向レバーとなりますが、

そんな特殊なレバーではなく、

普通の 8方向レバーを使っていたと思います

<スポンサーリンク>


クォースはこんなゲーム

いわゆる“落ちもの”の部類です

上から落ちてくるブロックに対し、

こちらからブロックを撃つことで

四角く組み上げていくゲームです

“まとめて”か “個々”か

落ちものパズルにありがちな、複数消去で

高得点が狙える仕組み(ルール)です

たとえば、こんなブロックが来た場合です

クォース-消し方の例
<クォース-消し方の例>

個々に消すには こんな感じです

クォース-消し方-パターン1
<クォース-消し方-パターン1>

下側を四角にして 消しそうとしています

その後、上の細いプロックを消しに行きます

もうひとつのやり方は、まとめて消す方法です

クォース-消し方-パターン2
<クォース-消し方-パターン2>

上側の細いブロックの右側を撃って

長さを延長します

その後、下側の四角を作ります

そうすると まとめて消すことができます

点数も まとめたほうが高く入ります

しかし、どちらのほうが効率いいかどうかは

ケースバイケースです

このゲーム、とにかく忙しすぎて

高得点が なかなか狙えません

“効率”のほうを 優先せざるをえません

ついていけない世界観

デモ画面では こんな演出があります

クォース-デモ画面
<クォース-デモ画面>

-全文-

199X年、突如宇宙空間で重力崩壊が起こり
大爆発後
BLOCK-HOLE が生まれた。
それらは周辺の物体を砕いて飲み込んでいき
そして今地球へ・・・

だそうです

ブロックホールって・・・

<スポンサーリンク>


クォースの最後は?

この手のゲームには珍しく、最後があります

全9ステージ、超難関です

ステージ4辺りから クリア不可能に見えます

ただ、コンティニューがその場からスタート

なので、これを利用して最後まで行きました

ラストステージ9

ステージ9はこんな感じ

クォース-ステージ9
<クォース-ステージ9>

実は最終面の割には超難関、

という感じじゃないです

前半は楽でした

ステージ9 クリアでエンディング

特にエンディング、という演出はありません

クォース-エンディング
<クォース-エンディング>

ブロックの背景で、スタッフ紹介がされます

それだけです

そして、2周目が始まります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>