WILLOW(ういろう)集めシューティング/コットン

COTTOn-1991年(セガ)

横スクロール型のシューティングゲーム

キャラクターを前面に押し出した、

コミカル路線のゲームです

“コットン”は 主人公(プレイヤー)の名前です

コットン-ゲーム画面
<コットン-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは前方ショットと下方用ボム

前方ショットを長押しで 特殊武器(数制限あり)

を発射します

<スポンサーリンク>


コットンのゲームデザイン

キャラゲー的なイメージですが、

シューティングとしても素晴らしいゲームです

特殊武器で有利に進む?

“いかづち”と“火竜”を使い、攻略します

コットン-いかづち
<コットン-いかづち>

コットン-火竜
<コットン-火竜>

特殊武器は 実はそんなに重要じゃないかも

知れません

通常ショットを強化するほうが、ゲーム進行には

有利です

ステージクリアでボーナスゲーム

上から “湯のみ”が たくさん降ってきますので、

できるだけ多く取ります

コットン-ボーナスゲーム
<コットン-ボーナスゲーム>

1つも取らないと、シークレットボーナスが

入るという 裏技があります

ですので 全部避けるのもアリです

このゲームは“WILLOW”を集める

コットンと妖精はWILLOW(食べ物のういろう?)を

集めています

これは、オープニングにもあります

コットン-オープニング1
<コットン-オープニング1>

妖精はコットンに 「私たちの世界を救って」と

頼みますがスルーされます

「ボスを倒せば、WILLOW が手に入る」と言って

コットンを説得します

コットン-オープニング2
<コットン-オープニング2>

そして2人は ボスを倒しに行きます

<スポンサーリンク>


ステージ毎にアニメーション

シューティング自体はマジメ(?)に行いますが、

各ステージの終了毎に アニメーション

(どちらかというと漫画)

があり、シナリオ的にゲームが進行します

ステージ1 終了

WILLOW を1つ手に入れましたが、

それを妖精が奪ってしまいます

コットン-ステージ1クリア
<コットン-ステージ1クリア>

「7色のWILLOWを集めるとビッグでグレイトな

WILLOWになるんです」

といってゴマかします

ステージ2 終了

2つ目のWILLOWを手にしましたが、

コットンは食べられないのが残念です

コットン-ステージ2クリア
<コットン-ステージ2クリア>

ステージ5 終了

ステージ3,4 は特に変化がなかったので割愛します

ここではコットンが我慢できなくなってます

コットン-ステージ5クリア
<コットン-ステージ5クリア>

妖精は必死に逃げます

<スポンサーリンク>


コットンの最後はどうなる?

WILLOWを7つ集めるシナリオなので

ステージ7まであると思いきや、ステージ6の後

メッセージが現れ 最終ボス戦になります

コットン-ステージ6クリア後メッセージ
<コットン-ステージ6クリア後メッセージ>

これが敵の親玉ってことですね

コットン、ラスボス戦

それほど攻略は難しくないです

コットン-ラスボス戦
<コットン-ラスボス戦>

盾で攻撃を防がれるので、ダメージを当てにくい

ですが、敵の攻撃も 十分避けられます

コットンのエンディング

全文です

「ありがとうコットン!! 数々のつらい戦いを
のりこえて よくここまできてくれましたね
あなたの勇気ある戦いで この妖精界のみならず
あなたの住んでいる世界にも
やがて朝がおとずれるでしょう
この7色の[WILLOW]こそ
この次元の すべての色を 作り出している
光の結晶なのです!」

コットン-エンディングその1
<コットン-エンディングその1>

「[WILLOW]よ 今 この手をはなれ
自らの色にもどりなさい」

コットン 「・・・・・・」

「コットンさん!
ほんとうに ありがとうございました
これで妖精界も すくわれます!
ビッグな[WILLOW]なんてウソをついて
ホントにゴメンナサイ
でも みんな あなたに感謝しているんですよ!
あなたが いなければ 闇の波動を
消し去ることはできなかったでしょう
女王様も とってもよろ・・・
あら? ・・・あの もしもし???
・・・・・・石になってる!!」

コットン-エンディングその2
<コットン-エンディングその2>

「いや あの その ・・・あっ!
そうそう そういえば となりの国も
なんだか黄金の[WILLOW]を盗賊に
盗まれたとかいってたわ!
たいじすると [WILLOW]がもらえるかも
しれ・・・へ!?」

コットン-エンディングその3
<コットン-エンディングその3>

これで 終了となりました

2周目もあります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>