罠を張って待ち伏せる/平安京エイリアン

Heiankyo-Alian-1980年(電気音響)

東大生が作ったと 当時話題になったゲームです

ということでPC版がオリジナルで、

アーケードに移植された形です

画面固定型のアクションゲーム

舞台は平安京で、エイリアンが街中にいます

プレイヤーは穴を堀り、エイリアンが落ちたら

“埋める”ことで退治します

平安京エイリアン-ゲーム画面
<平安京エイリアン-ゲーム画面>

操作は 4方向レバーと 2ボタン

ボタンは、“掘る”と “埋める”です

<スポンサーリンク>


平安京エイリアンは“待ち”のゲーム

アイデアが素晴らしいゲームなんですが、

攻撃には“待つ必要がある”という特徴があります

穴を掘るのに時間がかかる

穴はボタンを押していく(もしくは押しっぱなし)

で、どんどん大きくなります

平安京エイリアン-穴を掘っていく
<平安京エイリアン-穴を掘っていく>

5段階目で最大になりますが、最大状態でないと

エイリアンを埋めることができません

したがって、エイリアンが近づいてきてから

穴を掘っていたのでは間に合わず、

あらかじめ“ワナ”として掘っておく

必要があります

エイリアンが落ちたら埋めるのですが、

埋めるのも 5段階なので時間がかかります

敵に接触で1out

これは、どんなゲームでも共通のことですが

ちょっと変わったアニメーションです

平安京エイリアン-1アウト
<平安京エイリアン-1アウト>

天に召される感じです

<スポンサーリンク>


平安京エイリアンの必殺技

ぜんぜん “必殺”じゃないかも知れませんが、

名前まで付けられています

「ゲームセンターあらし」が発祥かもしれません

隠居掘り

平安京エイリアン-隠居掘り
<平安京エイリアン-隠居掘り>

自分の前後を穴で囲ってしまう方法

一見、ディフェンス重視に見えますが、

敵が2体いっしょに来たら 逃げ場がない状態を

自ら作っているとも言えます

秋葉掘り

平安京エイリアン-秋葉掘り
<平安京エイリアン-秋葉掘り>

ディフェンス and 広範囲のワナ

というスタイルで 割と使えそうな技です

しかし、自身の逃げ場がないという意味では

隠居掘りと同じ

伊藤掘り

平安京エイリアン-伊藤掘り
<平安京エイリアン-伊藤掘り>

エイリアンが穴に落ちているにもかかわらず、

埋めずに もう一つ穴を掘って

這い出したエイリアンを また落とします

エイリアンが落ちてから 素早く埋めると

得点が高いことから生まれた技

これが一番優れた技かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>