麻雀牌を積み上げたパズルゲーム/上海(AC)

Shanghai-1988年(サンソフト)

アクション制のないパズルゲーム

オリジナルは PC版(Mac版)で、

その後コンシューマ機にも移植されました

アーケード版は後発となります

上海-ゲーム画面
<上海-ゲーム画面>

操作は 4方向レバーとボタン2つ

カーソル移動とボタンは選択とキャンセル

なので、

本当はマウスが一番適しているでしょう

<スポンサーリンク>


上海とは?

「中国で古くから伝わる遊戯!」

のようなタイトル画面

上海-タイトル画面
<上海-タイトル画面>

しかしゲームをやってみると、そんな訳ないと

思えます(実際に麻雀牌を積み上げて

やらないだろう、という意味)

積み上げるのは、ちゃんとクリアできるように

しなければならないし、

そもそもこんな大変な積み上げするでしょうか

コンピューターゲームならではの 遊び方です

同じ絵柄を探し、取って行きます

これが上海の基本ルールです

積み上げた麻雀牌から同じ絵柄を探しだし、

2つずつ取っていきます

そして全部無くなればクリアとなります

“同じ牌を見つける” という所が、

このゲームの基本的な遊び方です

取れる牌にルールが

各段の端にある牌しか取れません

上海-基本ルール
<上海-基本ルール>

今取れる牌を取り続けることで、

取れなかった牌も 取れるようになります

<スポンサーリンク>


上海をクリアすると

PC版と同じように “天晴”の文字と龍の絵が

出てきます

上海-ラウンドクリア
<上海-ラウンドクリア>

中国っぽさが出てますね

あたりまえのことですが、

天晴は “あっぱれ”と読みます

中国語ではありません

そうは簡単にクリアさせない

途中で行き詰るとゲームオーバーです

上海-手詰まり1
<上海-手詰まり1>

画面下に「手詰り」と表示されています

これは取れる牌がなくなったので

ゲームオーバーになった、ということです

いくら探しても取れる牌はありません

ちゃんとクリア出来るように積み上げられて

いる“はず”なので、

取り方を失敗していたんですね

同じ牌が4つあるというのがポイントです

ゲーム側が仕掛けたワナも

積み方をみて優先順位はすぐに思いつきます

・ 両サイドを塞いでいる牌から取る、

・ 上から崩していって 下の牌を出していく

ということです

しかし、最後にこんな結果にも

上海-手詰まり2
<上海-手詰まり2>

これ、詰まったとわかります?

イーピンが縦に重なっていた、というオチです

この結果さえ分かっていれば・・・みたいな

ワナでしたね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>