宇宙が舞台の東亜プラン縦シュー/TATSUJIN

TRUXTON-1988年(タイトー)

縦スクロール型のシューティングゲーム

本作は、究極タイガー飛翔鮫なども手がけた

東亜プランによる製作

TATSUJIN-武器-ゲーム画面
<TATSUJIN-武器-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットと弾制限のボンバー

<スポンサーリンク>


TATSUJIN をやってみる

1988年登場、ということで縦型シューティング

として もうちょっと期待してましたが、

古い感じですね

3種類の武器を使い分け

・ 青いアイテムを取るとレーザーに

TATSUJIN-武器-レーザー
<TATSUJIN-武器-レーザー>

自動で 敵方向に撃ってくれるので

一見すると便利ですが、映像ほど強力では

ないですし、正直使い勝手はよくないです

「弾避けに専念できる!」

とも言えますが、

他の武器でも弾避けに専念できます

・ 緑のアイテムを取ると貫通弾に

TATSUJIN-武器-貫通弾
<TATSUJIN-武器-貫通弾>

これが一番使い勝手がいいようです

横方向に攻撃できないのが欠点ですが、

そんなに困りません

・ 赤いアイテムを取ると元の通常弾

はじめのノーマル状態です

TATSUJIN-武器-ノーマル
<TATSUJIN-武器-ノーマル>

連射すれば威力もカバーでき、攻撃範囲も

やや広いので、ゲーム後半でも使えます

TATSUJIN は意外と難しい?

敵数も一度に多く出現せず、敵の弾も

そんなに多く撃ちません

しかし、弾が速い!

かなり避けにくいです

このゲーム、最大の難関は、

「突然現れるザコ敵」です

<スポンサーリンク>


TATSUJIN の最後は?

ステージのクリアがよくわからないゲーム

なので、どの時点で最後なのかは

分かりづらいです

(BGMの変わり目で判断するしかない?)

(おそらく)TATSUJIN のラスボス

おそらくです

TATSUJIN-ラスボス
<TATSUJIN-ラスボス>

これがラスボスと判断した理由は、

次のボスが最初のボスに戻るからです

TATSUJIN のエンディングは無し

全部で 5面あるらしく、先ほどのラスボスは

5面のボスということになります

その5面を 延々と繰り返すものと思われます

このゲーム、メッセージやスコアボーナスなどの

表示がなく、面の切れ目がよくわかりません

中ボスなのかステージボスなのかが

ハッキリしないため、

「今、何面目?」 状態にはまります

究極タイガー飛翔鮫を作った会社なので

もうちょっと考えてほしかったなあ、

というのが私の意見です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>