上から見下ろし型レースゲーム/ジッピーレース

Traverse USA (Zippy Race)-1983年(アイレム)

見下ろし型のレースゲーム

舞台はアメリカ全土で、ロサンゼルスを出発して

ニューヨークに辿り着く、というもの

ファミコン版も 1985年に出てますが、

ここで紹介するのはアーケード版です

ジッピーレース(AC)-ゲーム画面
<ジッピーレース(AC)-ゲーム画面>

操作は、左右2方向レバーとボタン2つ

ボタンはアクセルとブレーキ

<スポンサーリンク>


ジッピーレースをやってみよう

レースゲームといえば、自車を後方から見た

(もしくは運転席から見た) 3Dゲームです

しかし、この時代では 見下ろしタイプも

結構ありました

ニューヨークを目指せ

まず最初のスタートはロサンゼルス

ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス1
<ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス1>

最後尾の 90位からスタートします

第1チェックポイントである“ラスベガス”

の手前になると、3Dゲームになります

ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス2
<ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス2>

3D面では、敵車が1台ずつやってくるので

レースゲームというより、

アクションゲーム感覚で

上からやってくる車をかわします

そして ゴールします

ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス3
<ジッピーレース(AC)-ロサンゼルス3>

続いては、ラスベガスステージと

なります

ジッピーレース(AC)-ラスベガス
<ジッピーレース(AC)-ラスベガス>

このようにして、

・ ロサンゼルス
・ ラスベガス
・ ヒューストン
・ セントルイス
・ シカゴ

の 5つの面をこなして行き、

ニューヨークを目指します

自車だけバイクのようだが・・・

車のレースの中に、1人バイクで挑んでいる

ように見えます

これは どういったゲーム設定なのだろう?

主催者はプレイヤーのわがままを許したのか、

いじわるなレースを考えついたのか・・・

しかもライバル車は、自車の方へ寄っていき

ブロックしてきます

まあ、バイク(自車)のほうがスピードが

出ているので、レースとしては有利かも

<スポンサーリンク>


ジッピーレースの最後は?

チェックポイントの地点で面を

区切られているとしたら、全5面構成ですね

最終面 ステージ5で1位に!

ついに1位の車を抜き、先頭に!

ジッピーレース(AC)-シカゴ
<ジッピーレース(AC)-シカゴ>

他が全部車の中、バイクで挑んでいるのに

順位付けされてるのは気になりますが・・・

で、こうなると(1位になると)

敵車が出てこなくなります

これって、レースゲームとしては

スゴくないですか?

当たり前のようですが、多くのレースゲームでは

1位になっても 一人旅にはならないですよね

ゴールのニューヨークに!

終盤 3D面になり、ゴールへ

ジッピーレース(AC)-ゴール
<ジッピーレース(AC)-ゴール>

自由の女神も手を振っています

これで このゲームも完了・・・?

ジッピーレース、2周目以降

ニューヨークに着いて「ヤッター!」と

思ってると、

続いて 750ccレースが始まります

ジッピーレース(AC)-750ccレース
<ジッピーレース(AC)-750ccレース>

あれ? 先ほどのは・・・500ccでした

この2周目をクリアして3周目に入ると

1200ccに・・・

4周目も 1200ccなので、おそらく 3周で完了、

その後は延々と遊んでね、

という感じでしょうか

昔のゲームなので、

強制ゲームオーバーのない形なのかも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>