拳銃の形をした戦闘機/ガンフロンティア

GUN & FRONTIER-1991年(タイトー)

縦スクロール型のシューティングゲーム

自機は銃の形をした戦闘機だが、

敵にも銃の形をしたものが登場する

ガンフロンティア-ゲーム画面
<ガンフロンティア-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 通常ショットと弾制限のボンバー

<スポンサーリンク>


ガンフロンティアをやってみる

正統派の縦シューティングです

弾が多すぎて常人には無理、とか

展開を知ってないと不利、ということは

無いと思います

コツとして「端に逃げないこと」です

真ん中付近で、常に敵を叩いておかないと

敵の数を減らせず、

追い詰められてしまいます

ガンフロンティアのストーリー

デモ画面で見ることが出来ます

ガンフロンティア-デモ画面1
<ガンフロンティア-デモ画面1>

「22世紀初頭、
人類は、宇宙開拓の時代を迎えていた。
第7番開拓星でのスペースゴールドの
発見は、ゴールドラッシュを呼び
人々は、こぞって移民へと参加した。

しかし、
長距離宇宙飛行にかかる莫大な経費は、
移民達の自活に たよる事になり、

その生活様式は、まるで1800年代の
アメリカ西部に酷似していた...」

「A.D. 2120年」

「惑星グロリア」

「それは、まだ僕が幼なかった頃...」

ガンフロンティア-デモ画面2
<ガンフロンティア-デモ画面2>

「僕は、第2開拓団の中にいた。
多くの人の夢と希望のもと
人々は、平和にくらしていた。」

「しかし!その平和もつかの間。
金の臭いをかぎつけた
宇宙賊ワイルドリザードが
巨大なモンスタータンクと共に襲来した。」

ガンフロンティア-デモ画面3
<ガンフロンティア-デモ画面3>

「あまりにたくさんの人々が殺され
残った僕達も奴隷となった。」

「一片のパンすら与えられず...」

「あぁ誰かが...
この地獄から助けてくれる事を」

「僕達は、」

「待っていたんだ。」

ここで、タイトル表示になります

シューティングゲームらしからぬ、

悲しいストーリーです

話が プレイヤー視点でないところは、

映画のようですね

青色のヘリに気を付けろ!

正確にはヘリではないです

ガンフロンティア-ラウンド5
<ガンフロンティア-ラウンド5>

翼にヘリのようなプロペラがついている、

「ティルトローター機」と呼ばれる

飛行機です

撃ち逃しても 画面から去っていかず、

後方でホバリングして弾を放ちます

ラウンド序盤から終盤まで出現します

<スポンサーリンク>


ガンフロンティアの最後は?

全6ラウンド

ボリューム的には少な目です

最終面は意味不明な展開

まず通常ザコ戦ですが、敵には接触しても

一死にはなりません

とにかく避けずに撃ち放題です

そしてラスボス登場ですが、

自機は大きくなり、弾が出ません

ガンフロンティア-ラウンド6
<ガンフロンティア-ラウンド6>

これはどうしたらいいのだろう?

と考えてるうちに、敵の外周に接触し

死んでしまいました

そしてエンディング・・・?

死んだのに再スタートにならず、

エンディングっぽい感じに

ガンフロンティア-エンディング1
<ガンフロンティア-エンディング1>

「グロリアは、邪悪な暗黒の世界へ
閉ざされていった・・・」

この後、ネーミングになってしまいます

間違えてました

先ほどのは、バッドエンディングでした

ラスボス戦で、弾が出ないと思っていましたが

実は出ていたのです

「5発以内で片付けてね」

みたいな意味だったようです

外周の回転が止まったときのみ、攻撃が可能

という仕組みだったようです

なので、5発撃ってしまって

何もできなくなっていたようです

ガンフロンティア、真のエンディング

今回は無事、ラスボス撃破に成功しました

ガンフロンティア-エンディング2
<ガンフロンティア-エンディング2>

「勇士の名は、永遠に語りつがれる」

「惑星グロリアの名と共に...」

今度はコックピットからの映像になります

ガンフロンティア-エンディング3
<ガンフロンティア-エンディング3>

たくさんの人から祝福を受けてる感じです

この後スタッフロールになり、完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>