奥行きがある格闘ゲーム/痛快GANGAN行進曲

AGGRESSORS OF DARK KOMBAT-1994年(ADK)

2Dタイプの格闘ゲーム

ベルトスクロールアクションのように奥行き

があるという、少し変わった格闘ゲーム

痛快GANGAN行進曲-ゲーム画面
<痛快GANGAN行進曲-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

<スポンサーリンク>


痛快GANGAN行進曲をやってみる

見た目通り、グラフィックは2Dですが

奥行きがあり 3D空間とも言えます

なので、ファイナルファイト系のように

横軸が合わないと攻撃を与えられないし、

食らいません

それを利用した戦略が有効です

ただ、この仕組みのせいで

ジャンプがボタンという 他の格闘ゲームに

ない仕様で、ちょっと違和感があります

プレイヤーセレクト

この 8人から選びます

痛快GANGAN行進曲-セレクト画面
<痛快GANGAN行進曲-セレクト画面>

今回は唯一の女性キャラ、“キサラ” で

やってみました

対戦相手は、選ばなかったキャラが

次々と登場する形で、

一般的な格闘ゲームと同じ仕様です

本作は同キャラ対戦もあるので 8戦あります

同キャラではなく、後輩?

ACT.7 で同キャラ対決になりました

しかし別キャラ対戦のような展開です

ACT 7

「先パイ vs後輩! 奇想天外の大ゲンカ!
てかげんしないからね」

痛快GANGAN行進曲-ACT7-1
<痛快GANGAN行進曲-ACT7-1>

「ねぇ、ボクのマネばっかりすんの
やめてよね、いーかげん怒るよ!」

痛快GANGAN行進曲-ACT7-2
<痛快GANGAN行進曲-ACT7-2>

「あなたを超えるのがユメなんです
センパイ 勝負して下さい!」

で、普通に同キャラ対戦になります

これはシナリオ上、

別人でないと マズいからでしょうね

シナリオ上でも同キャラなら

ドッペルゲンガーになってしまいますよね

<スポンサーリンク>


痛快GANGAN行進曲の最後は?

格闘ゲームでは珍しく、ボス的キャラがいません

8戦で終わりとなります

ACT.8 最終戦は“条”

“キサラ” でプレイしたので、

最後は “条” になったようです

他のキャラでプレイした場合は

条とはかぎりません

FINAL STAGE

「おてんば娘が見せた涙
愛しのアイツは冷めたくて
イジワルなんだからもう!
ジェラシーボンバーだぞ」

痛快GANGAN行進曲-ACT8-1
<痛快GANGAN行進曲-ACT8-1>

「条ォ!みーつけた!」

「あっ、おまえは・・・・誰だっけ?」

「ボ、ボクを忘れたですってェ
じんじらんないっ!」

で、最終戦が始まります

痛快GANGAN行進曲-ACT8-2
<痛快GANGAN行進曲-ACT8-2>

“セッティングタイム” を 5秒にするという

かなりズルい方法で クリアしました

そしてエンディングへ

「ねェ、ホントに忘れちゃったの?」

「バッカだなぁ忘れるわけねーだろ?」

「じゃあ、昔のやくそく覚えてる?」

「忘れてねーよ・・・・・・・・・・・」

痛快GANGAN行進曲-エンディング1
<痛快GANGAN行進曲-エンディング1>

「俺のカノジョにしてやらぁ」

ここでスタッフロールになります

スタッフロールの最中に歌詞のような

ものが表示されます

(BGMは曲だけなので真意はわからず・・・)

最後に、

痛快GANGAN行進曲-エンディング2
<痛快GANGAN行進曲-エンディング2>

「やっと言ったなコイツ
もうはなれないんだから」

この後、「THE END」と表示されて

完全終了となります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>