正統派“縦”シューティング/スターフォース

STAR FORCE-1984年(テーカン)

8方向レバーにボタン1つ、攻撃は普通に撃つだけ

というシンプルな操作性

しかし いろんな要素を含み、ゲームが上手くなると

楽しみ方が増えるという巧みなゲーム構成で、

この時代のゲーマーを虜にしました

スターフォース タイトル画面
<スターフォース タイトル画面>

<スポンサーリンク>


このゲーム独自の仕様

シンプルなゲームに見えて、

他のゲームにない仕様があります

ボタン1つは シンプルで理不尽?

ゼビウスが この世に出て以来、

攻撃用ボタンは 2つというのが定番でした

ゼビウスは、空中攻撃用と地上攻撃用、

他のゲームに多いのは、

空中攻撃用と (弾数制限の)特殊攻撃

スターフォースはボタン1つなので

どちらでもありません

空中物も地上物も (なぜか)1つのボタンで壊れてくれます

ゲームの仕様上、通常の弾以外の攻撃方法はありません

(倒すと空中の敵全滅、という敵はいます)

唯一のパワーアップ パーサーと合体

このゲームで唯一の能力アップは

パーサーを取ることです

スターフォース パーサー出現場面
<パーサー出現場面>

“カルデロン”というキャラが浮遊して来るので

撃って破壊し、パーサーを出します

パーサーと接触すれば、軽快な音楽(BGM)に変わり、

縦に1.5倍のスピードが出るようになります

エリア・敵の攻撃・背景 は一致しない?

このゲームでは各ステージをエリアと呼びます

多くのゲームはエリア毎に攻撃パターンと背景が

用意されていますが、

スターフォースでは エリアに関係なく

攻撃パターンも背景も1本に繋がっています

敵を250機(地上物は2でカウント)倒すと

エリアのボス、“エリアターゲット”が出現し、

倒すと次のエリアに進む事ができます

つまり、エリアは “区切り”でしかありません

<スポンサーリンク>


プレイヤーの“連射”を試すゲーム

シューティングゲームではボタンを連打して、

いち早く敵を倒すのは定番です

スターフォースでは、高得点を出すために

連射技術が試されるルールがあります

ラリオスの50000点

ラリオスは徐々に合体していく敵キャラですが、

合体前に倒すと50000点のボーナスがあります

スターフォース ラリオス合体前
<ラリオス合体前>

合体前には、音楽(BGM)が変わるので、

出現のタイミングはわかります

合体前のコアに 自機を合わせ撃つ準備をします

コアが光ったら8発撃ち込みます

ジムダステギ

“ジムダ”と呼ばれる 4発撃て壊せる地上物があります

このジムダが縦にずらーっと並ぶ地形が2箇所ほど

出てきます

スターフォース ジムダステギ
<ジムダの連続地帯、ジムダステギ>

これを片側だけ続けて15個破壊すると、80000点入ります

4 X 15 = 60発! ( + 空中の敵も出現します)

この仕組みは プレイヤーの指を どうしたいのでしょう!

拷問、とまでは言いませんが とんでもないです

このゲームの謎でもある 100万点ボーナス

地上絵(背景)の終盤で謎の象形文字が出てきます

その謎を解くと 100万点ボーナスの位置が分かる、

というのが このゲーム最大のバックシナリオです

スターフォース 象形文字
<スターフォース 象形文字>

しかし、100万点の場所が分かってしまえば、

象形文字を解く必要はないのです

ここです

スターフォース 100万点ターゲット
<スターフォース 100万点ターゲット>

“魚が見てる先”って意味だったのでしょうか?

この100万点の位置は かなり遠いです!

ここに たどり付くまで腕を上げるのが大変

たどり付いたとしても すでに敵の猛攻撃・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>