撃ち逃し禁止!/ハレーズコメット

HALLEY’S COMET-1986年(タイトー)

縦スクロール型のシューティングゲーム

このゲーム最大の特徴は、“全て撃ち尽くすこと”です

たいていのシューティングでは、敵を撃つほど

点数が上がったり、先に叩いておいて

攻撃を未然に防ぐ、というのが基本です

しかし、敵を無理に攻撃しないで“生き延びる”

ことに専念することも重要な要素です

ハレーズコメットでは 撃ち逃した敵が

自分の惑星へ行ってしまう、という設定で

撃ち逃し禁止、というゲームなのです

惑星へのダメージが100%になると

ゲームオーバーです

<スポンサーリンク>


他のシューティングにないデザイン

緑を基調とした独特のグラフィックが

このゲームの魅力になっています

パワーアップで爽快な攻撃

パワーアップアイテムを取っていくタイプで

どんどん攻撃力が上がります

斜め前方向に攻撃できるようになれば、

画面下 中央辺りにいるだけで

かなり敵の出現ポイントを叩けます

ハレーズコメット-パワーアップ
<ハレーズコメット-パワーアップ>

“彗星”も敵?

敵以外にも “彗星”が降ってきます

これも撃ち逃してはいけません

ハレーズコメット-彗星
<ハレーズコメット-彗星>

いろんな惑星を守る

エリア3つクリアする毎に こんな画面に

ハレーズコメット-惑星一覧
<ハレーズコメット-惑星一覧>

まずは地球を守りきった、ってことでしょうね

(20%のダメージを与えてますが)

これはエリアセレクトではなく、

時計回りに進んでいきます

惜しむらくは 単純なゲーム

10コの惑星を守っていくのですが、

どこも同じような攻撃パターンです

エリアボスも全て同じ

先に進む楽しみがない・・・

<スポンサーリンク>


ハレーズコメット、最後はどうなるの?

一応最後と思われるところまでがんばってみました

最後は(なぜか)火星ですね

ハレーズコメット-ファイナルエリア
<ハレーズコメット-ファイナルエリア>

最終エリアは普通?

ここまでのエリアも何も変化がないものでしたが、

最終エリアも ちょっと攻撃が激しい部分があるだけで

他のエリアと同じです

ラスボスもなし

火星もクリア、どうなる?

火星クリア後、エンディングはありませんでした

地球に向かいます

ハレーズコメット-全エリアをクリア
<ハレーズコメット-全エリアをクリア>

2回目の地球、ダメージが残ったまま

ダメージが20%からスタートです

ハレーズコメット-2回目の地球
<ハレーズコメット-2回目の地球>

2回目の地球をクリアすると・・・

これって普通に2周目が始まってますね

地球のダメージが大きくなっています

ハレーズコメット-2回目の地球クリア
<ハレーズコメット-2回目の地球クリア>

なるほど、ダメージが蓄積していって

いつかは終わる、というシステムでしたか

つまりエンディングはなく、永遠に惑星を

守り続けるわけですね

これは 大変すぎますね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>