超難度のテトリス風アクション/ぐっすんおよよ

アーケードゲーム

1993年(アイレム)

海外名:RISKY CHALLENGE

 

画面固定型のアクションパズル

 

プレイヤーは、落ちてくるブロックを

回転と移動で適当なところへ積んでいく

 

画面にいる “ぐっすん”というキャラを

出口に誘導できれば クリアとなる

 

ぐっすんおよよ-ゲーム画面
<ぐっすんおよよ-ゲーム画面>

 

テトリスの派生型のゲームに見えるが、

ラインを消す要素はないし

敵や水没との攻防が中心となるため

一部似てる、というくらいのゲーム

 

似たルールのゲームに、

“テトリスプラス”というのがあるが、

本作の方が 2年先に出ています

 

“ぐっすんおよよ”をやってみる

 

「とんでもないものに手を出してしまった」

と思いました

 

パズルアクションは 好きなジャンルですが、

これは難しい!

 

どちらかというとアクション寄りです

 

その上、パズル的な攻略も重要という

特徴があります

 

ぐっすんおよよのシナリオ

 

ステージ1の開始前にあります

 

「トレジャーハンター‘ぐっすん’は
今日も宝探しに村外れのダンジョンへ
出かけました」

 

ぐっすんおよよ-オープニング1
<ぐっすんおよよ-オープニング1>

 

「えみりっ!大変だ!!ダンジョンで
地震が・・・ぐっすんが帰ってこないんだ!」

 

「な、なんですってぇぇぇぇぇ・・・!」

 

「あのダンジョンはもうすぐ水没するのよ
・・・お願い!ぐっすんを助けてあげて!!」

 

ぐっすんおよよ-オープニング2
<ぐっすんおよよ-オープニング2>

 

こんな感じで始まります

 

ぐっすんおよよの基本ルール1

 

ゲーム開始時に練習面も選べるので、

それを見ればわかります

 

デモ画面でも説明はありますが・・・

 

ぐっすんおよよ-ルール説明
<ぐっすんおよよ-ルール説明>

 

“ぐっすん”を出口に導くことが

このゲームの基本(遊び方)です

 

“ぐっすん”は勝手に左右へ動き続けます

 

二段以上は登れず折り返します

 

それ以外は進み続けるので、下へ落っこちる

こともあるので注意してください

 

ぐっすんおよよの基本ルール2

 

「これはちょっと・・・」と思ったルールです

 

テトリスのように落ちてくるブロックを

積み上げるのですが、ブロックの移動中にも

当たり判定があり、ぐっすんも敵も押せる

のです

 

ぐっすんおよよ-ステージ2
<ぐっすんおよよ-ステージ2>

 

画面のように押せますし、

ブロックに乗せて移動、みたいにも出来ます

 

ステージ2では これで出口まで運べます

 

“ぐっすんおよよ”の最後は

 

全30ステージ

 

最後の方だけが難しい、ってのなら

それほど長くはないのですが・・・

 

このゲームは序盤から難しい!

 

最終面、ステージ30

 

開始時は こんな感じです

 

ぐっすんおよよ-ステージ30
<ぐっすんおよよ-ステージ30>

 

パズル的な難しさは あまりありません

 

左下にいる“ぐっすん”を まずは右上へ、

そして左上の出口を目指せすルートが

簡単に思えます

 

ですが、上から敵がとんどん降ってくる!

この面の難しさは“敵をどうするか”、です

 

そしてエンディングへ

 

「急ごう!もうすぐここも崩れてしまう・・・」

 

「ぐっすん!こっちよ!!」

 

ぐっすんおよよ-エンディング
<ぐっすんおよよ-エンディング>

 

「え、えみりっ・・・!」

 

「無事だったのね・・・心配したんだから!」

 

「・・・ごめんなさい・・・
でも今度の宝物はすごいよ!」

 

「本当!とってもきれい!
でももう無茶は絶対しないでね。」

 

「・・・う、うん・・・」

 

「・・・しかし、ぐっすんはあいかわらず
トレジャーハンターで、二人はわりと
リッチにくらしました・・・」

 

この後 スタッフロールになり、

完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました