3D空間をヘリで自由自在に移動/メタルホーク

METAL HAWK-1988年(ナムコ)

疑似3Dグラフィックのシューティングゲーム

自機は戦闘用ヘリで、前後、左右旋回、上下移動

と自在に移動できる

グラフィックも疑似3Dとはいえ、システムIIを

使った拡大縮小回転と 1988年という時代を

考えるとかなり高度なものでした

メタルホーク-ゲーム画面
<メタルホーク-ゲーム画面>

大型のゲーム筐体で、ヘリの操縦席のイメージ

操作は移動用の操縦桿・上下移動用のスロットル

そして ボタン2つとなる

ボタンは 前方攻撃用ショットと地上攻撃用

<スポンサーリンク>


メタルホークをやってみる

3D空間を上へ下へ、前へ後ろへと自在に

移動できるので、バーチャルリアリティー感

が高いゲームでした

ただ操作に慣れるまでは そんなに自在には

動かせません

敵をかわすのは簡単ではない?

左右移動は 右旋回・左旋回という形を取るので

一般的なシューティングゲームのように

“即右”、“即左” という移動はできません

アナログ式の操縦桿なので、“少しだけ”とか

“大きく”といった移動は可能ですが、

実質 6方向にしか移動できないと

考えたほうがいいでしょう

また、慣性もあり即移動はできないゲームです

勝利ポイント稼ぐゲーム

ミッション(このゲームでの面)のクリアには、

目標とされてるポイントに到達することです

これが “勝利ポイント”です

まず 黄色い丸でターゲットを教えてくれます

(距離が離れている場合は矢印になる)

メタルホーク-ターゲット1
<メタルホーク-ターゲット1>

その目標に向かって降下します

メタルホーク-ターゲット2
<メタルホーク-ターゲット2>

ターゲットに近くなったことにより

攻撃ができるわけです

自機は 高く飛ぶほど飛行スピードが上がり

低いと遅くなる性質があります

なので 上下移動もかなり重要な要素です

移動する敵はやっかい

止まってる敵は楽で 移動する敵は攻撃を

当てにくい、というのは通常でもあります

大変なのは、高速で移動する敵です

メタルホーク-ミッション4
<メタルホーク-ミッション4>

巨大飛行機の面です

最接近した状態では 移動速度が負けて

置いていかれます

若干離れた スピードも勝てるし攻撃も

当てられる、といったポジションに

合わせるのが難しいです

しかも 敵の背後から追いかける形になると

こちら側が攻撃を受けます

<スポンサーリンク>


メタルホークの最後は?

全8ミッション

正直、1コインクリアは難しいと思います

最終面、ミッション8

2面目以降はエリアを選択できるようなので

どこが最終面になるかは わからないようです

メタルホーク-ミッション8
<メタルホーク-ミッション8>

今回のは勝利ポイントも低く簡単な面でした

そしてエンディングへ

エンディング画像が 4枚ほど

スタッフ紹介とともに表示されます

メタルホーク-エンディング
<メタルホーク-エンディング>

ちょっと質素ですね

最後に結果発表

これは最後まで行かなくても

あるわけですが、一応・・・

メタルホーク-結果1
<メタルホーク-結果1>

上位ではないようです・・・

メタルホーク-結果2
<メタルホーク-結果2>

えーっ

最下位!

プライベートって・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>