ミステリアスストーンズ Dr.キックの大冒険

Mysterious Stones Dr. John’s Adventure

(日本:Dr. Kick)-1984年(テクノスジャパン)

横スクロール型のアクションゲーム

(2画面分の長さをスクロールするので、

ほぼ画面固定型とも言えるかも)

主人公の “Dr. Kick” が遺跡を発掘するゲーム

ミステリアスストーンズ-ゲーム画面
<ミステリアスストーンズ-ゲーム画面>

操作は 4方向レバーと ボタン2つ

ボタンはそれぞれ、銃を撃つ・キックをする

<スポンサーリンク>


ミステリアスストーンズをやってみる

最初、何をしたらいいゲームなのか

わからなかったです

閉ざされた部屋の中で 敵を銃で倒せることは

分かります

でも部屋は出れないぞ!?

ちょっと進みましたが、やはり謎

そのうちキックで部屋の中にある物を

蹴り飛ばせることがわかりました

なるほど、それでドクターキックなのか!

(海外名がドクタージョーンズなのは

インディー・ジョーンズに乗っかった?)

キックを繰り返していくうちに、

3方向の出口が開きました

そして別の部屋に行ってみますが

やはり同じような感じ

さらに他の部屋に行って・・・を繰り返して

いくうちに ついにタイムアウト

いったいどうするだ? このゲーム

ゲームのルールがわかってきました

まず部屋を抜けるには、

ミステリアスストーンズ-カギ
<ミステリアスストーンズ-カギ>

キックで遺物を壊し続けていると現れる

鍵を持ったオバケ(画面では水色ですが実際は

半透明)を銃で撃つと、3つの扉が開きます

ついに最終地点へ到着

どんどん進み、お宝発見です

ミステリアスストーンズ-お宝
<ミステリアスストーンズ-お宝>

1つを選ぶと他の 2つは消えます

なので 3つのうち 1つを選んで持ち帰ります

これで終わりでなく、帰路も頑張って

進みます(扉は開いたままです)

お宝の鑑定です

「24.JUN NEW YORK
PRESS ROOM」

「キック教授が発見した
この宝物の値打ちは・・・。」

ミステリアスストーンズ-結果発表1
<ミステリアスストーンズ-結果発表1>

「150000 PTSです!」

これは良かったのか?

<スポンサーリンク>


ミステリアスストーンズの最後は?

このゲーム、どうやら3つのお宝を集めれば

クリアのようです

3つ目のお宝は 大変スゴいようです

なんと!! 10000000 PTSです!
<ミステリアスストーンズ-結果発表3>

「なんと!! 10000000 PTSです!」

1千万とはスゴいですね(たぶん)

この後、すべての結果発表です

ミステリアスストーンズ-結果発表4
<ミステリアスストーンズ-結果発表4>

「宝の秘密は?」

「この組み合わせでは秘密を語れない!」

「TRY AGAIN!!!」

えっ、バッドエンディング なの?

トライアゲインと言われても・・・

またやるの?

正直 このゲーム、

そんなに面白くない!

・・・(ファンだった人ゴメンナサイ)

ミステリアスストーンズの正解は?

結局やりなおしました

実はゲーム中、ヒントがあるのです

ミステリアスストーンズ-ヒント
<ミステリアスストーンズ-ヒント>

「謎のメッセージ “水”を取れ!
良い事がある!」

これは最初のお宝ゲットの部屋で、

壁をキックして出てきたメッセージです

こんな感じで

お宝を取る順番がわかるのでした!

正解のエンディング

今度こそ 正解の結果発表です

ミステリアスストーンズ-結果発表5
<ミステリアスストーンズ-結果発表5>

なんと、1億 PTS!

肝心のメッセージは・・・

「宝の秘密は?」

「おめでとう!!」

「あなたに宇宙のメッセージを与えよう!」

「033924151 KIKAKU」

これは電話番号?

東京の市外局番が4桁になったのは 1991年なので

きっとそうなんでしょう

この電話番号で検索しても何も出てきません

そもそも テクノスジャパン自体が

無くなったんですよね

ゲーム自体は 2周目がスタートします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>