孫悟空らが経典を追う/西遊降魔録-流棒妖技ノ章

China Gate-1988年(テクノスジャパン)

上下左右スクロール型のアクションゲーム

決められた範囲内でのスクロールなので

画面固定型ともいえるかも

西遊記のキャラクターや設定が

使われているゲーム

西遊降魔録-ゲーム画面
<西遊降魔録-ゲーム画面>

操作は レバーとボタン3つ

レバーは左右移動と下移動の使用

ボタンは 通常攻撃、ジャンプ、そして

弾制限がある特殊攻撃

なんとなくシリーズ物の一つのような

ゲームタイトルだが、この一作品だけで

続編などは出ていない

コンシューマ機への移植もなかった

<スポンサーリンク>


西遊降魔録をやってみる

正直言うと、

せっかく西遊記を題材にしているのに

それほどゲームに生かされていない感じです

1988年という時代からも、もうちょっと

がんばれたのでは? とも思います

この時代のテクノスジャパンは、すでに

“くにおくんシリーズ”を発売していて

こちらのヒットが見えてきた(?)ので、

本作のシリーズ化は早い段階で

断念されていたのかも?

デモでシナリオ説明

立派な建物の中で経典(?)が盗まれ、

それを3人が追いかけるというデモです

西遊降魔録-デモ画面
<西遊降魔録-デモ画面>

悟空以外もキン斗雲に乗っているのは

少々違和感があります

(オリジナルの西遊記はそうなのかな?)

まずはプレイヤーセレクト

この3人から選びます

・ 孫悟空
・ 猪八戒
・ 沙悟浄

西遊降魔録-セレクト画面
<西遊降魔録-セレクト画面>

3人とも なんとなく悪人顔ですね

ボス登場まで ひたすら戦う

塔をジャンプで どんどん登って行けますが、

最上部に到達しても何もありません

忍者くん(1984年タイトー)のようなマップです

ゲートから出てくる敵をひたすら倒します

すると画面が暗くなりボス登場です

西遊降魔録-ステージ1
<西遊降魔録-ステージ1>

耐久力が高いですが、

こいつを倒せばクリアです

西遊降魔録は、面=幕?

3つの幕に分かれています

・第一幕 突撃!妖魔の館
・第二幕 魔王の本拠地へ
・最終幕 ラーヴァナ対決

西遊降魔録-最終幕
<西遊降魔録-最終幕>

<スポンサーリンク>


西遊降魔録の最後は?

面を区切る仕組みがわからないのですが、

ボス戦を基準にすると 全5面、

“幕”を基準にすると 全3面となります

どっちにしろ、かなり短いゲームです

最終面、ラスボス戦

第一形態はこんな感じです

西遊降魔録-ステージ5-1
<西遊降魔録-ステージ5-1>

攻撃すると、腕がどんどん取れていき

最後は顔だけになります

倒せば続いて第二形態です

西遊降魔録-ステージ5-2
<西遊降魔録-ステージ5-2>

攻撃が当たるのは 赤い脳の部分で、

攻撃してくるのは背景の青いヤツです

結構苦労しました

このあと また形態を変えるのですが、

見た目は あまり変わらないので割愛します

そいつを倒せば経典(?)が降ってきます

そしてエンディングへ

メッセージが表示されます

西遊降魔録-エンディング1
<西遊降魔録-エンディング1>

「あなたの降魔録は これで終わりです。
それでは最後に お釈迦様のお言葉を
頂いてからお別れにしましょう。」

画面が変わり、お釈迦様登場です

「汝ら経を取り戻し、幾多の降魔の功あるに
よって五千四十八巻の経を与える」

「また、汝らを成仏させ大職をさずけよう。」

西遊降魔録-エンディング2
<西遊降魔録-エンディング2>

意味がよくわからないですが、

西遊記か仏教と関係があるのでしょうね

ゲームのほうはスタッフ紹介に移り、

完全終了となります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>