10年の時を経て続編登場!/沙羅曼蛇2

SALAMANDER2-1996年(コナミ)

横スクロール型(縦の面もある)の

シューティングゲーム

1986年に登場した沙羅曼蛇の続編

沙羅曼蛇2-ゲーム画面
<沙羅曼蛇2-ゲーム画面>

操作は8方向レバーと 2ボタン

ボタンは通常ショット(ミサイルも発射)と

特殊攻撃

<スポンサーリンク>


沙羅曼蛇2をやってみる

正直、まさか続編が出るとは思ってませんでした

初代 “沙羅曼蛇”が登場したときは

「グラディウスの続編かな」と思ったんですが、

グラディウスIIの登場で 本線から外れた形に

なってしまいました

その後 パロディウスシリーズの大ヒットで、

さらに追いやられていったと思います

高品位なグラフィックに進化

前作から 10年も経っているので、

グラフィックはかなり進化しています

沙羅曼蛇2-ステージ4
<沙羅曼蛇2-ステージ4>

本作の登場年は、グラディウスIII

グラディウスIV の間なので、

当然といえば当然です

ただ、色の使い方が奇抜(と私は感じます)で

気持ち悪いキャラもいます

前作のシステムを継承

沙羅曼蛇の大きな特徴の

縦スクロール面もあります

前作では 横と縦か交互だったのに対し、

横は 1,3,4,5面、縦は 2,6面となっています

もう一つの大きな特徴は、パワーカプセル方式を

取らずに、直接アイテムが落ちてるシステムです

沙羅曼蛇2-パワーアップ
<沙羅曼蛇2-パワーアップ>

オプション以外はアルファベットで表していて、

わかりやすくなっています

また本作でも 再スタート時に、

オプションの回収が可能となっています

<スポンサーリンク>


沙羅曼蛇2の最後はどうなる?

全6ステージ

短いようですが、前作も6面構成でしたし

前作同様の後半の厳しさもあって、

6面でも お腹いっぱいです

ステージ6、ラスボス戦

グラディウスシリーズの定番では

ラスボスは攻撃して来ず とどめだけ、

というイメージですが、全然違いました

沙羅曼蛇2-ラスボス戦
<沙羅曼蛇2-ラスボス戦>

ラスボス戦は、大変長かったです

ボスの攻撃も凄まじく、まるで首領蜂でした

そしてエンディングへ

敵の基地(星?)を爆発前に脱出します

沙羅曼蛇2-エンディング
<沙羅曼蛇2-エンディング>

脱出後、盛大に爆発しハッピーエンドです

そしてスタッフロールになり その後は

2周目に入ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>