グラディウスファミリー/沙羅曼蛇(サラマンダ)

サラマンダ(SALAMANDER)-1986 コナミ

(基本)横スクロール型のシューティングゲーム

発売当初は グラディウスの続編が登場した

という感じだったんですが、

その後、グラディウスIIが出たことにより

正統な続編かどうか微妙になりました

沙羅曼蛇-ゲーム画面
<沙羅曼蛇-ゲーム画面>

沙羅曼蛇でも強力武器はオプションなんですが、

名前は“マルチプル(MULTIPLE)”に変わってます

おそらく海外仕様に合わせたのだと思います

<スポンサーリンク>


グラディウスからシステム変更

見た目は 背景が変わったグラディウス

なんですが システムは大きく変わりました

パワーカプセル方式を排除

グラディウスではパワーカプセルを取っていくと

スピードアップ、ミサイル、オプションなど

自機をパワーアップさせます

しかし、オプションなど強力なものは

パワーカプセルを多数消費するため、

我慢の時間帯を過ごす必要がありました

沙羅曼蛇では、パワーアップのアイテムが

直接出現する方式に変わりましたので、

すぐに自機のパワーアップが可能になりました

あと、ボタンが3つから2つに減ったのも

ありがたいかも

自機がやられ後に、マルチプルを再取得?

自機がやらてもマルチプル(オプション)が画面に残り、

最スタート後に それを取得する事が可能になりました

やられてもマルチプルを持てるのは大きいです

ただ、マルチプルが流れてしまうことも多いです

2人同時プレイが可能に

これはそんなに強力ではありません

マルチプルも2人合わせて4個という制限もあります

片方がやられている間に、もう片方がマルチプルを

盗み取るということが出来てしまい、

納得できない展開もあります

ただ、2人がコンティニューを繰り返すと

ゲームが続行したままになるので、

エンディングを(力ずくで)見るのには使えます

<スポンサーリンク>


縦スクロール面もあります

これは、グラディウスから大きく変わった部分です

最初、横スクロール面から始まりますが

2面では縦スクロールステージになります

画面は横型なんで、

「これで縦スクロールは無茶だろ!」と

最初は思ってましたが、意外と違和感ないです

ステージ構成

ステージ毎に 横スクロールと縦スクロールが

交互になります

ステージ1,3,5 は 横
ステージ2,4,6 は 縦

この6ステージで“1周目”を構成しています

ステージ1

まずは横スクロール面から始まります

沙羅曼蛇-ステージ1
<沙羅曼蛇-ステージ1>

ステージ2

縦スクロール面にかわります

沙羅曼蛇-ステージ2
<沙羅曼蛇-ステージ2>

ステージ3

横スクロール面になります

画面の位置が安全地帯ですね

沙羅曼蛇-ステージ3
<沙羅曼蛇-ステージ3>

ステージ4

縦スクロール面になります

ここから画面が ごちゃごちゃしてきます

沙羅曼蛇-ステージ4
<沙羅曼蛇-ステージ4>

マルチプルを失わなければ、どんどん進めます

失うと・・・“復活”は かなり厳しいですね

<スポンサーリンク>


沙羅曼蛇の最後はどうなる?

6ステージしかないので ボリューム的に

かなり短いです

最終ステージで やっとモアイ

グラディウスシリーズと言えば“モアイ”

というイメージですが、

このころは まだ定番になる前でしたね

沙羅曼蛇-ステージ6
<沙羅曼蛇-ステージ6>

ジャンプするモアイです

ラスボスの攻略は?

そしてラスボス登場です

沙羅曼蛇-ラスボス戦
<沙羅曼蛇-ラスボス戦>

こちら側への攻撃は 一切してきませんが、

体当たりすると こちらが一死です

これもグラディウスシリーズでは定番ですね

本体を撃つのではなく、四隅の支えを

撃ち込みます

ボムの武器を持っていれば、いつの間にか

倒してしまえるのですが、

通常ショットしか持っていないと

倒し方がわからないかも知れません

ちなみに倒さないで通り抜けてしまうと

エンディングがありません

そしてエンディングへ

自機が星から脱出します

沙羅曼蛇-エンディング
<沙羅曼蛇-エンディング>

すると星は爆発してしまいます

その後はスタッフロールになります

沙羅曼蛇-スタッフロール
<沙羅曼蛇-スタッフロール>

ゲームは2周目に続きます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>