画面上の敵を撃て/オペレーションサンダーボルト

OPERATION THUNDERBOLT-1988年(タイトー)

ジャンルはガンシューティングゲーム

銃のコントローラーで、画面上の敵に向かって

撃つという ライトガンの技術を利用している

同社のオペレーションウルフの続編

オペレーションサンダーボルト-ゲーム画面
<オペレーションサンダーボルト-ゲーム画面>

操作は銃(の模型)のみ

ただし弾は 通常弾と ロケット弾の2種類ある

<スポンサーリンク>


オペレーションサンダーボルトの特徴

見た目は前作とあまり変わらないように

思ったのですが、正直

「ムズい!」

敵も多いし手榴弾やナイフ、ロケット砲も飛んできて

全然打ち切れない!

おそらく2人同時プレイが可能になったので、

それに合わせて 撃つ対象が増えたのだと思います

左右スクロールに加え、前スクロール

このゲームの特徴として、自身を動かすことは

ありません

強制スクロールが行われ、敵を倒しながら進む

というシステムになっています

オペレーションサンダーボルト-ミッション1
<オペレーションサンダーボルト-ミッション1>

1面から、前作にはなかった前方向に進む

スクロールです

民間人を撃ってはダメ!

前作と同じく民間人を撃ってはいけません

オペレーションサンダーボルト-ミッション4
<オペレーションサンダーボルト-ミッション4>

救出すべき捕虜だった場合、撃たないことにより

“救出”したことになります

<スポンサーリンク>


オペレーションサンダーボルトの最後は?

コンティニューすると、その場から再スタート

なので簡単に最後を見ることができる、

と思ってました(最初のうちは)

最終面、ミッション8

脱出用の旅客機内です

オペレーションサンダーボルト-ミッション8
<オペレーションサンダーボルト-ミッション8>

飛行機の中なのに、手榴弾投げられまくりです

「これでは飛行機が無事でないのでは?」

なんて考えは野暮です

ついにラスボス戦

パイロットを人質に攻撃してきます

オペレーションサンダーボルト-ラスボス戦
<オペレーションサンダーボルト-ラスボス戦>

「どうしてもパイロットに当たってしまう!」

的な感じですが、実は2箇所 敵が攻撃する

タイミングで止まる位置があります

その位置は固定なので こちらの攻撃は

当てやすいです

しかし、バッドエンド

結構効率よくボスに当てたつもりだったんですが、

ゲームオーバーに

オペレーションサンダーボルト-バッドエンド1
<オペレーションサンダーボルト-バッドエンド1>

「致命傷を受けた。作戦は失敗に終った。」

で、ゲームオーバーになります

「コンティニューしまくりでクリアできないの?」

という希望的観測はブチのめされました

キーとなるのは ロケット弾

次の攻略法はロケット弾です

ですが 当たる範囲が広く、パイロットが先に

お亡くなりに・・・

オペレーションサンダーボルト-バッドエンド2
<オペレーションサンダーボルト-バッドエンド2>

「パイロット死亡!脱出不能になった。」

この場合も バッドエンドになります

「お前(主人公)が操縦しろよ」、

と言いたいところですが、

ここは敵だけを倒す方法を考えましょう

実は、簡単に攻略できました

ロケット弾を敵だけに当たる位置に撃てば

パイロットは助かりました

そしてエンディングへ

旅客機が飛んでいくアニメーションで始まります

オペレーションサンダーボルト-エンディング
<オペレーションサンダーボルト-エンディング>

「脱出成功。」

「ミッションコンプリート!」

「君達の作戦は見事に成功した。

これでしばしの休息につけるであろう。

次の作戦指令が来るのはいつなのか?

それは誰にも分からない。」

そしてスタッフロールになります

誰にも分からない” じゃダメだろう!

とつっこみが入るところですが、

ちゃんと続編も出ています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>