ザ・プロレスリングネットワーク-エキサイティングアワー

アーケードゲーム

THE PROWRESTLING NETWORK EXCITING HOUR

-1985年(タイトー/テクノスジャパン)

海外名:MAT MANIA

 

タイトルの通り、プロレスを題材にしたゲーム

 

プロレスのゲームは、これまでにいくつかあり

本作が最初というわけではないが、

初期ならではの 味わいのある作品

 

エキサイティングアワー-ゲーム画面
<エキサイティングアワー-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

ボタンはパンチとキックになっているが、

場合によって別の技がある

 

キックボタンは ホールドにも使う

 

エキサイティングアワーをやってみる

 

プロレスの技を使って敵を翻弄!

といきたいところですが、

どちらかというと敵側に得意技を決められる、

というゲームであります

 

ロープに振って、敵ダウン!

 

このゲームしばしば、ロープ方向に投げる

(もしくは投げられる)技に入ります

 

うまくいくと敵がダウン!

 

ですが プロレスのルールはダウンした後に

ホールドを成立させなければなりません

 

ホールドを開始するとレフリーがカウントを

始めます

 

エキサイティングアワー-ホールド1
<エキサイティングアワー-ホールド1>

 

これが3カウントで勝利なんですが、

 

エキサイティングアワー-ホールド2
<エキサイティングアワー-ホールド2>

 

今回は 敵に返されてしまいました

 

敵に 十分ダメージを与えてからでないと、

ホールドは成立しないようです

 

必殺技、ヒット&アウェイ

 

このゲーム、しょうもない攻略を見つけました

 

横軸が合わないと攻撃を食らわない、

(攻撃も当てられないが)

という点を利用します

 

ワザと横軸をずらしておいて、敵が間合いに

入った瞬間パンチ!

 

そして横軸をずらす、というのを繰り返します

 

エキサイティングアワー-攻略
<エキサイティングアワー-攻略>

 

そして、敵のダメージが蓄積した頃合で

ホールドに持ち込めば、3カウントで勝利です

 

でも これじゃあ、プロレスの面白さが

全然ないんですけど・・・

 

エキサイティングアワーの最後は?

 

全5ゲームで、5人のプロレスラーと戦います

 

1985年という時代なら、もう少しボリュームが

あってもよかったかな

 

最終戦、対 BLUES BLOODY

 

名前のオリジナルは、アメリカのプロレスラー

“ブルーザー・ブロディ”かな

 

髪型とヒゲが似てるし

 

エキサイティングアワー-ゲーム5
<エキサイティングアワー-ゲーム5>

 

特別強敵では なかったと思います

 

組んでしまったときに、すぐに敵の投げ技に

移行する所がやっかいです

 

そして表彰式へ

 

初めてこんなシーンになります

 

エキサイティングアワー-表彰式
<エキサイティングアワー-表彰式>

 

チャンピオンベルトを授与され、床にはトロフィー、

女性が花束を持って近寄ってきます

 

最後は女性にキスをされる感じです

 

これで一応の全クリアと思われます

 

続いて 6ゲーム目に突入しますが、4ゲーム目に

登場した“ザ・ピラニア”との対戦です

コメント

タイトルとURLをコピーしました