テトリスの詰め将棋?/フラッシュポイント

FLASH POINT-1989年(セガ)

このゲームはテトリスの進化版、あるいは

派生版とも呼べる作品でしょう

テトリスのルール(仕組み)がそのままなので、

オリジナルのテトリスをやったことないと

楽しめないかも知れません

フラッシュポイント-ゲーム画面
<フラッシュポイント-ゲーム画面>

<スポンサーリンク>


フラッシュポイントとは?

落ちてくるブロックを移動、回転を行い

着地したときに横一列にそろえると消去、

という点はテトリスと同じです

クリア条件があります

延々と続けるテトリスとは違い、

ステージを次々とクリアしていく構成です

ステージクリアするには条件があります

点滅するブロック(フラッシュポイント)を

消去するとクリアとなり

次のステージへと進みます

フラッシュポイント-クリア条件
<フラッシュポイント-クリア条件>

点滅するブロックの列だけ、そろえればいいので

他の列はどうなっても構いません

ぎゅうぎゅうに詰めていくテトリスとは

別の組み方も必要となるでしょう

クリアタイムを競うゲームです

フラッシュポイントをいかに早く消すか

というゲームなので、

綺麗に詰めていく必要はありません

落ちてくるブロックもできるだけ

少ない方がいいでしょう

ブロックがたくさん落ちてくると、

テトリスと同じで どんどん落下スピードが

増してきます

少なく”&“早く”が鉄則です

<スポンサーリンク>


ROUND1(ステージ1)をやってみる

最初のステージなので誰でもクリアできるのですが、

1つずつ見ていきましょう

フラッシュポイント-ラウンド1-その1
<フラッシュポイント-ラウンド1-その1>

まずはフラッシュポイントの位置を確認

このラインを消す事だけを考えます

1番目は紫ブロックのようです

フラッシュポイント-ラウンド1-その2
<フラッシュポイント-ラウンド1-その2>

紫ブロックは左側に置いてみます

次に青ブロックが現れました

フラッシュポイント-ラウンド1-その3
<フラッシュポイント-ラウンド1-その3>

青ブロックは左の紫ブロックの上に

次も青ブロックです

フラッシュポイント-ラウンド1-その4
<フラッシュポイント-ラウンド1-その4>

2個目の青ブロックは右側に置いてみました

次は水色ブロックです

フラッシュポイント-ラウンド1-その5
<フラッシュポイント-ラウンド1-その5>

水色ブロックは左端に

これで左側は埋まりましたね

で、次は3個目の青ブロックです

フラッシュポイント-ラウンド1-その6
<フラッシュポイント-ラウンド1-その6>

3個目の青ブロックは右側に置きます

そして次は4個目の青ブロックが来ました

これでクリアできそうです

フラッシュポイント-ラウンド1-その7
<フラッシュポイント-ラウンド1-その7>

これで点滅ブロックのラインはそろい、

ステージクリアとなりました

しかし これでは、

時間が掛かりすぎ!

手順も多い!

と思います

理想のクリア方法を考えてみる

先程のROUND1の例で、最初から考え直してみました

(落ちてくるブロックは同じとします)


<フラッシュポイント-ラウンド1-考え直し>

これでどうでしょう・・・

でも、1ステップしか減っていないぞ?

まだ考え直す余地はあるのか?

こうなってくると、本当に詰め将棋みたいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>