サラリーマンがヒーローに/超絶倫人ベラボーマン

Beraboh Man-1988年(ナムコ)

横スクロール型のアクションゲーム

プレイヤーは正義のヒーロー・ベラボーマンで、

悪の科学者と戦うという ちょっとイロモノ設定

コントローラが特殊で、ボタンを押す強弱で

攻撃やジャンプの距離が変わるという仕組み

超絶倫人ベラボーマン-ゲーム画面
<超絶倫人ベラボーマン-ゲーム画面>

操作は8方向レバーとボタン2つ

ボタンは攻撃とジャンプ

攻撃方法は パンチ/キック/ヘッドバットの

3種類ありますが、すべて同じボタンで行います

プレイヤーがしゃがんでいるか、レバーを上方向に

入れてるか などで繰り出す攻撃が変わります

<スポンサーリンク>


超絶倫人ベラボーマンはこんなゲーム

デモ画面で、ゲームのバックグラウンドが

説明されています

超絶倫人ベラボーマン-デモ1
<超絶倫人ベラボーマン-デモ1>

- 全文です -

「あるひナカムラは、アルファーゆせいじんと
そうぐうした」
「そして、ヘンシンぶっしつをさずかり、
ケイジをうけた」
「そのコロ、バクダはかせは、
せかいせいふくをたくらんでいた」
「せいぎにめざめ、アクとたたかうオトコ
そのなは、」

ここでタイトルへ

超絶倫人ベラボーマン-デモ2
<超絶倫人ベラボーマン-デモ2>

こんな感じです

敵が爆田博士で、自分(プレイヤー)は中村

だということがわかります

さらに変身には、アルファー遊星人が協力

しているようです

横シューティングのステージあり

通常は こんなアクションステージです

超絶倫人ベラボーマン-ステージ5
<超絶倫人ベラボーマン-ステージ5>

昭和40年代という設定なので、背景も

それっぽいです

そして、時々あるのが横シューティングの

ステージです

超絶倫人ベラボーマン-ステージ3
<超絶倫人ベラボーマン-ステージ3>

ジャンプと攻撃がそれぞれ 前方向ショットと

下方向ボムになります

<スポンサーリンク>


ベラボーマンの最後は

全32ステージ

長い! 長いぞ!

コンティニューしまくれば誰でも到達できます

しかし、なかなか大変です

最終面、ステージ32

ステージ32の最奥で、

爆田博士が待ち構えています

超絶倫人ベラボーマン-ステージ32-1
<超絶倫人ベラボーマン-ステージ32-1>

「わしがバクダはかせじゃ」
「ここまでくるとはなんとマニアじゃ!!」
「きなさい」
「わたしはだれのちょうせんでもうける」

そしてゲーム(戦闘)になります

頭 (髪の毛ではない)しか当たりませんので、

上段キックを使いましょう

倒せばこんなセリフを吐きます

「よくぞ、ワシをたおしたなっ!
・・・だが・・・」
「いずれおまえもわしのきもちが
わかるときがくる」
「さらばだ!」

その後、アルファー遊星人に感謝されます

超絶倫人ベラボーマン-ステージ32-2
<超絶倫人ベラボーマン-ステージ32-2>

「よくやった!
セイキマツさいだいのキキはすくわれた」
「ありがとう!
ほんとうにありがとう!」

そしてエンディングへ

まず ベラボーマンが夕焼けをバックに

走ってる状態で、スタッフ紹介が行われます

超絶倫人ベラボーマン-エンディング1
<超絶倫人ベラボーマン-エンディング1>

その後、サラリーマンに戻り 家に到着

超絶倫人ベラボーマン-エンディング2
<超絶倫人ベラボーマン-エンディング2>

家の中から声(セリフ)がします

「あなた、ごくろうさま」
「さいごだから、
みんなであいさつしましょうね」

超絶倫人ベラボーマン-エンディング3
<超絶倫人ベラボーマン-エンディング3>

これで完全に終了です

最後のは何だったのだ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>