核爆発!アメリカ版北斗の拳/クルードバスター

CRUDE BUSTER-1990年(データイースト)

横スクロール型のアクションゲーム

核爆発後のニューヨークが舞台

クルードバスター-ゲーム画面
<クルードバスター-ゲーム画面>

2010年に核爆発が起き、

このゲームは さらに20年後、という設定

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンは 通常攻撃、ジャンプ、

物を取る&それを投げる

<スポンサーリンク>


クルードバスターをやってみる

“核”というワードから、北斗の拳的な

感じなのかな、と思いましたが

どうやら違います

政府も軍もあり、社会は存在するようです

ただ敵勢力が あまりにも強力です

デモ画面でシナリオ説明

「NEW YORK

A.D.2010」

「突如、原因不明の核爆発が続発
核の脅威の下、今世紀最大の栄華を極める…」

クルードバスター-デモ画面1
<クルードバスター-デモ画面1>

「巨大都市が、一瞬にして廃墟と化した…」

2010年なのに今世紀最大だとか、核爆発が続発

したのに一瞬だとか、突っ込み所があります

デモは続きます

クルードバスター-デモ画面2
<クルードバスター-デモ画面2>

「…AND
20YEARS AFTER」

「都市は復旧されつつあったが、拮抗勢力組織
“BIG VALLEY”
の出現により…」

「軍の出動も空しく再興の夢は破れ、
トップレベルの科学力に裏打ちされた
狂暴組織に支配されてしまった…」

ちっとも “拮抗” 勢力でない気もします

(反政府勢力でもいいのでは?)

まだまだデモは続きます

「…AND
NOW…」

「政府は極秘裏に“BIG VALLEY” の抹殺を
2人の男に依頼した。」

「…多額の報酬を払えば、
どんな危険な仕事も引き受ける…」

「彼らの名は…」

クルードバスター-デモ画面3
<クルードバスター-デモ画面3>

「”CRUDE BUSTER”」

「行け!CRUDE BUSTER!
彼らに不可能という言葉はない!!」

という感じで ゲーム背景が説明されます

とにかく物を投げよう

通常攻撃ではリーチが短く、敵によっては

かなり不利です

そこで落ちてる物を拾い、投げつけます

クルードバスター-物を投げる
<クルードバスター-物を投げる>

ちなみに敵も投げられます

<スポンサーリンク>


クルードバスターの最後は?

全6ステージ

短いようですが、難度も高め(に感じたの)で

最後まで遠かったです

最後はボス3連戦+α

ガラスの筒に入ってる敵 3体と順に戦います

クルードバスター-ステージ6-1
<クルードバスター-ステージ6-1>

この後で 博士っぽいのが出てくるのですが、

彼による人造(改造?)人間ってことでしょうか

3体を倒すと博士が出てきて、

クルードバスター-ステージ6-2
<クルードバスター-ステージ6-2>

ポカポカ殴られますが、ダメージを受けません

そして容赦なく倒してしまいます

本当のラスボス戦

博士は魔物に変身し、ラスボス戦っぽい姿に

クルードバスター-ステージ6-3
<クルードバスター-ステージ6-3>

飛んでくる攻撃がありますが、特別リーチが

長くないので、

こちら側は しゃがみ攻撃で対応できそうです

ラスボスを倒しても・・・

博士は人間に戻り、浮いていきます

クルードバスター-ステージ6-4
<クルードバスター-ステージ6-4>

「フフ…強いのおう、おまえら
ワシの研究材料として、欲しかったわい。
しかし、ワシは再びよみがえってやる。
…再びな…」

「ケッ、何言ってやがる。早くくたばりな!」

そして上空へ去っていきます

そしてエンディングへ

敵の基地が爆発するシーンがあり、

その後2人の会話です

クルードバスター-エンディング
<クルードバスター-エンディング>

「Hey!やったな、
今回もガッポリ大かせぎだぜ!!」

「まあな…いつもより、
ちいときびしかったけどな!」

「さあ、とっとと帰って一杯やろうぜ相棒!」

「…「OK!」」

“CRUDE BUSTER”の活躍で、ニューヨークは
“BIG VALLEY”の魔の手より救われた。」

「…だが、彼らは正義の味方ではない。
彼らは戦闘のプロフェッショナルであり、
戦う事を生きがいとする男たちなのだ。」

「行け! “CRUDE BUSTER”!!
次なる戦いを求めて!!…」

この後、スタッフ紹介になり

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>