キャミィ初登場/スーパーストリートファイターII

SUPER STREET FIGHTER II -The New Challengers-

-1993年(カプコン)

2Dグラフィックの格闘ゲーム

1991年に登場して大ヒットした

ストリートファイターII」のシリーズの一つ

スーパーストII-ゲーム画面
<スーパーストII-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン6個

<スポンサーリンク>


スーパーストリートファイターIIをやってみる

格ゲーブームの中、もっともヒットしたのは

もちろん “ストII” なんですが、

そのヒットの立役者、春麗に代わるヒロインが

追加となりました

スーパーストII-キャミー
<スーパーストII-キャミー>

ご存じ、キャミーです

登場当時は、新たな萌えキャラだったように

記憶してますが、

今となっては それほどでもなかった?

プレイヤーセレクト

16名ものキャラクターから選べます

スーパーストII-セレクト画面
<スーパーストII-セレクト画面>

イングランドと書いてあるのに

イギリスの国旗ですね

(これは合ってるのかな?)

選ばなかったキャラと対決するのが

この手の定番ですが、15戦もなかったです

でも、同キャラ対決はありました

今回は キャミーでやってみました

8戦戦うと四天王登場

9戦目で四天王戦に移ります

まずは四天王最弱(?)のマイク・バイソン

スーパーストII-バトル9
<スーパーストII-バトル9>

もちろん、強いです

こんな感じで、

・ バトル10で バルログ戦
・ バトル11で サガット戦

をこなします

<スポンサーリンク>


スーパーストリートファイターIIの最後は

バトル12まであります

正直、「だんだん難しくなる」では

なかった感じです

得手不得手、的なものでしょうか

ついに最終バトル

ラスボスはもちろん “ベガ”です

スーパーストII-バトル12
<スーパーストII-バトル12>

とにかく “速い” です

強さだけなら他のキャラでも感じましたが、

それプラス 超速スピードは反則です

そしてエンディングへ

キャミィ用のエンディングです

スーパーストII-エンディング1
<スーパーストII-エンディング1>

「ベガ、おまえに聞きたい事がある。」

「私の過去を・・・知ってるわね?」

「教えてやろう。お前は三年前、
我が組織を送り込んだスパイだ。」

「・・・!!」

「まさか、記憶を失っていたとはな。」

「そんな・・・ウソよ!!」

「いまさらお前をどうこうするつもりはない。
去るがいい・・・。」

そして場面は変わります

「私は・・・どうすればいいの?」

「みんな!」

スーパーストII-エンディング2
<スーパーストII-エンディング2>

「任務は、果たした。さあ、帰ろう。」

「でも私は・・・。」

「過去なんてどうでもいい。
大切なのはこれからなんだ!
俺たちは、仲間じゃないか。」

「みんな・・・ありがとう。」

夕焼けをバックにした場面になります

「戦士たちは帰っていった。
愛する者の待つ祖国へ・・・。」

この後、スタッフロールになり

ゲームは完全終了です

しかし記憶を失ってるとは言え、

ベガの組織(スパイ)だったキャミィが

簡単に受け入れられるのは変なのでは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>