格闘ゲームの歴史を作った/ストリートファイターII

Street Fighter II -The World Warrior-1991年(カプコン)

ジャンルは“格闘ゲーム”ですが、

本作が このジャンルの元となったと言えます

ストリートファイターII-ゲーム画面
<ストリートファイターII-ゲーム画面>

操作は8方向レバーと 6ボタン(!)

ボタンは パンチとキックが それぞれ 弱・中・強と

3段階になっています

レバーは左右移動と 上はジャンプ、下はしゃがみ、

さらに敵との逆方向は防御、となっています

かなり難解な操作体系ですが、意識しなくても

ゲーム自体は なんとかなります

<スポンサーリンク>


“コマンド入力”こそ ストII

コマンド入力と呼ばれている操作方法で

必殺技を出すことができます

例えばプレイヤーが“リュウ”の場合、

・ 波動拳

ストリートファイターII-波動拳
<ストリートファイターII-波動拳>

・ 昇龍拳

ストリートファイターII-昇龍拳
<ストリートファイターII-昇龍拳>

どちらも 敵が右側にいる場合です

8キャラから選べる

リュウ/ケン/ブランカ/春麗/エドモンド本田
/ダルシム/ザンギエフ/ガイル

ストリートファイターII-キャラクター
<ストリートファイターII-キャラクター>

この中からプレイヤーを選びます

キャラクターによって特性やコマンドが

違ってきます

ストIIでの “春麗(チュン・リー)”人気

1人だけ女性キャラというのもありますが、

ゲームの人気とともに 知名度も上がりました

ストリートファイターII-春麗
<ストリートファイターII-春麗>

格闘ゲームでは、萌え(?)キャラ的なポジションが

1人(もしくは2人)混ざっているのが定番となりました

ストIIのボーナスステージ

ちょっと変わったボーナスステージがあります

ストリートファイターII-ボーナスステージ
<ストリートファイターII-ボーナスステージ>

このステージでは車を破壊します

ほかに、タルを壊すやつもあります

<スポンサーリンク>


ストリートファイターIIの最後は?

対戦ゲームなので、2人でプレイしてる場合は

あまり関係がないのですが、

1人プレイだとちゃんと最後が用意されています

まずは 自分以外の 7人と対戦

選ばなかったキャラがすべて敵です

これは結構大変です

さらに強力なキャラ登場

M.バイソン/バルログ/サガット/ベガ

の4人です

ストリートファイターII-キャラクター2
<ストリートファイターII-キャラクター2>

4人とも とんでもなく強いです

ラスボスの“ベガ”を倒せば終了です

そしてエンディングへ

リュウのエンディングです

ストリートファイターII-エンディング1
<ストリートファイターII-エンディング1>

「さあ ひょうしょうしきだ。」
「なにいっ、りゅうがいない!」
「いったいどこへ・・」

ストリートファイターII-エンディング2
<ストリートファイターII-エンディング2>

「しんの かくとうかを めざすため」
「かれは、あらたなる たたかいをもとめて いった・・」

突っ込みどころの多い結末です

この後、スタッフロールになります

ストリートファイターII-スタッフロール
<ストリートファイターII-スタッフロール>

これでゲームオーバーです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>