クォータビューの3Dシューティング/ザクソン

ZAXXON-1982年(セガ)

クォータビュー(斜め見下ろし型)の

3Dシューティングゲーム

ザクソン-ゲーム画面
<ザクソン-ゲーム画面>

1982年という時代を考えれば、かなり高度な

シューティングゲームと言える

操作は 8方向レバーと、ショット用ボタン1つ

<スポンサーリンク>


ザクソンは3D空間を移動!

クォータービューで 自機は右上方向に

移動する仕組みになっています

例えば 前方に障害物があるとき

上へ移動します

ザクソン-上移動
<ザクソン-上移動>

下のほうの燃料タンクを撃とうとすると

下へ移動します

ザクソン-下移動
<ザクソン-下移動>

高さのポジション確認は、画面左のゲージを

見るとわかります

それ以外にも、弾を撃ち続けていると

壁などに当たって自分の高さを認識できます

あと、画面下にあるゲージは燃料ゲージです

燃料タンクを見つければ、積極的に撃って

いきましょう

ザクソン、ちょっと難点も

このゲーム、前方向に移動はできません

3Dでありながら、自分の移動に関しては

2Dです

それと下移動はレバーを上に、

上移動はレバーを下に入れる方式になってます

スペースハリアー方式です

アフターバーナーもそうです)

自分視点のゲームならともかく、

クォータービューで この操作はどうでしょう?

ザクソンといえばCMで

このゲームはかなり昔、CMで知りました

家庭用のLSIゲームです

ザクソン-LSIゲーム
<ザクソン-LSIゲーム>

LSIゲームを知らない人が見ると

「そこそこかっこいい戦闘機じゃん」と

思うかもしれませんが、この部分が光る

だけなので、キャラクターが動いている

ようには見えません

(人間の想像力で動いて見えるますが)

興味のある方はYouTubeなどの動画で

見てみて下さい

当時の子供たちは文句も言わずに遊んでたな、

と感心することでしょう

(楽しいおもちゃとは何か!

というテーマに結びつきそうです)

<スポンサーリンク>


ザクソンの最後はどうなる?

昔のゲームなので終わりはありません

延々と続くタイプと思われます

明確な “面”はなく、

「都市部」、「宇宙空間」、「敵の基地」という

3つのエリアを抜けた後、ボス戦です

ボス戦はひたすら連射

おもちゃのロボットのような敵です

とにかく撃っていれば、こちらがやられる

ことなくクリアできます

しかし、最後は後方へ逃げてしまって

終了、という結果になり不可解でしたが、

ザクソン-ボス戦
<ザクソン-ボス戦>

どうやら手に持っているミサイルを

発射される前に壊してしまえば、

ロボットも爆発します

ボスを倒すとエンディング?

ボスを倒すとメッセージが表示されます

ザクソン-クリアメッセージ
<ザクソン-クリアメッセージ>

「GOOD !!」

と表示されてる部分は 2周目では

「VERY GOOD !!」

3週目は

「BEAUTIFUL !!」

になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>