初代は注目されてない?/ストリートファイター

STREET FIGHTER-1987

2Dグラフィックの格闘ゲーム

今もなお続いてるストリートファイターシリーズ

の初代に当たるのが本作

しかし、原点というとなると、

2作目になる “ストリートファイターII” とされる

ストリートファイター-ゲーム画面
<ストリートファイター-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン6つ

専用筐体では 2ボタンで、ボタンを叩く強さで

ゲーム内の攻撃の強弱が決まるという

仕組みがある

<スポンサーリンク>


ストリートファイターをやってみる

ついに、この謎を解く日がやってきました

「なぜストIIなのか?」

「初代はなかったことになってるのか?」

という点です

格闘ゲームの原点と言えば、

世間的には “ストII” です

確かに、格闘ゲームの火付け役は “ストII”

でしたけど、

初代は なぜリスペクトされてないのでしょう?

ではゲームを始めてみましょう

「まずはプレイヤーセレクトだろう」

と思っていると、

ストリートファイター-セレクト画面
<ストリートファイター-セレクト画面>

これは何だろう?

「自身の所属する国を選ぶのかな?」

と思いました

(後でこの意味がわかりました)

とりあえず、日本にしました

1戦目開始です

続いてこんな画面です

ストリートファイター-ステージ1-1
<ストリートファイター-ステージ1-1>

プレイヤーは “リュウ” で敵が “レツ”

と判明しました

そしてゲームへ

ストリートファイター-ステージ1-2
<ストリートファイター-ステージ1-2>

まず思ったのが、「動きが変」という点です

キャラが 等加速度運動をしていないのです

他の言い方をすれば、「雑」な動きです

後、残りタイムも見にくいです

画面左下に小さく表示されています

1戦目は勝利!

負けた敵のセリフです

ストリートファイター-ステージ1-3
<ストリートファイター-ステージ1-3>

「WHAT STRENGTH!!
BUT DON’T FORGET THERE ARE MANY GUYS
LIKE YOU ALL OVER THE WORLD」

グーグル翻訳すると、

「なんて強さ!
でもあなたのような人が世界中に
たくさんいることを忘れないでください」

実はラスボス戦までの9人、

全員同じセリフです

こういう所も 作りが雑です

ストーリー性がまったくないですね

2戦クリア毎に国移動

3戦目に行く前に、移動画面です

ストリートファイター-ステージ3
<ストリートファイター-ステージ3>

日本からアメリカに渡ります

最初のセレクト画面では

「自身を選んだ」のではなく、

「戦う国を選ぶ」という意味だったようです

本作では、プレイヤーはリュウ固定なのです

ストIIがヒットした理由が分かってきました

プレイヤーを選べるのは

重要な要素だったようです

<スポンサーリンク>


ストリートファイターの最後は

全10戦あります

早くも 3戦目から苦戦しました

敵からの攻撃、ダメージ量がデカすぎて

1発でも食らうと大ピンチです

もう少しユルくても良かったのでは?

10戦目、これで最後!

ラスボスはサガットです

ストリートファイター-ステージ10-1
<ストリートファイター-ステージ10-1>

ストII ではラスボスである “ベガ”の

一つ前のキャラです

攻撃を一度食らうと、連続して食らうので

一発大ダメージもコミで 即一死です

相手が波動拳を放った直後が 攻め時です

勝利すると、サガットのセリフです

ストリートファイター-ステージ10-2
<ストリートファイター-ステージ10-2>

「YOU’VE OUTLASTED THE BEST.
YOU ARE NOW THE STRONGEST
STREET FIGHTER IN THE WORLD!」

グーグル翻訳すると、

「あなたは最高に長持ちしました。
あなたは今、
世界で最強のストリートファイターです!」

そしてエンディングへ

今まで倒したキャラクターが

次々と出てきます

そして、

ストリートファイター-エンディング
<ストリートファイター-エンディング>

「YOU HAVE EARNED THE DISTINCTION
OF “KING OF THE HILL”.
BUT REMEMBER, YOU HAVE NO TIME
TO REST ON YOUR GLORY, FOR
THERE IS ALWAYS SOMEONE WAITING
IN LINE TO KNOCK YOU OFF THE TOP.
BE PREPARED TO BE CHALLENGED.」

グーグル翻訳すると、

「「丘の王」の称号を獲得しました。
しかし、覚えておいてください、
あなたはあなたの栄光に休む時間はありません、
いつも誰かが列を作って
あなたを倒すのを待っているからです。
挑戦する準備をしてください。」

「丘の王」って何?

という疑問はありますが、

まだ続くって感じがしますね

この後、スタッフ紹介になり

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>