スーパーマリオより先!/パックランド

PAC-LAND-1984年(ナムコ)

このゲームをファミコンで初めて見た人は

「マリオのパ○リだな」 と思われたかも知れませんが、

アーケード版では スーパーマリオブラザーズより

先に登場しています

スーパーマリオと同じ、横スクロール型ゲーム

強制スクロールでない点も マリオと同じです

操作は ボタン3つという 変則的な操作方法

(移動用レバーは無し!) となっています

ボタン2つは左右移動、1つはジャンプです

「レバーのほうがいいのでは?」 と思われますが、

ボタンをゆっくり叩くと ゆっくり進み、

連射すると速い移動となる“スピード調整”が

できるため、この操作になっています

スピードが決まると、押しっぱなしでも進みます

<スポンサーリンク>


パックランドは こんなゲーム

パックマンを操作し、最奥にいるフェアリーの場所に

到達するのが目的です

右に向かって進む“往路”が 3ラウンド、

左に向かって進む“復路”が 1ラウンドとなってます

まずは右に向かって進みます

パックランド-往路
<パックランド-往路>

フェアリーまで到達すると 飛べる靴を貰います

パックランド-フェアリー
<パックランド-フェアリー>

今度は左へ進みます

飛べる靴があるので、空中をジャンプできます

パックランド-復路
<パックランド-復路>

復路の最後はパックマンの家に着きます

これで “1トリップ” 完了です

パワーエサによる逆襲も可能

初代パックマンにあった“パワーエサ”も健在です

黄色くて丸い“エサ”を取ると、モンスターと

立場が逆転し、接触すればポイントとなります

パックランド-パワーエサによる逆転
<パックランド-パワーエサによる逆転>

ゲームの目的遂行上では 必ず必要ではありません

点数を稼ぐ意味では、残りタイムを見ながら

使っていきましょう

ナムコ点(7650)は これが始まり?

ステージクリア時の裏ワザで、

ジャンプして ピッタリ着地すると7650点が入る

というのがあります

パックランド-ナムコ点(7650)
<パックランド-ナムコ点(7650)>

ナムコのゲームには ありそうなボーナス点ですが、

実はパックランドが最初だそうです

海外版ではキャラ変更?

パックランドのパックマンは日本版と海外版で

若干違いがあります

パックランド-海外版との違い
<パックランド-海外版との違い>

帽子や目も違いがありますが、

やはり鼻の長さが変わってますね

実はパックマンのイラストの時点で

鼻が長いのがマズいとのことで、

海外版は短くなっています

<スポンサーリンク>


パックランドの最後はどうなる?

パックランドでは トリップ1、2、3・・・という

数え方をし、トリップ8 まであります

トリップ1 では 往路から始まり、ラウンド 1,2,3、

復路になり ラウンド4 となります

トリップ2 では ラウンド5 から始まります

ということで、

トリップ8 の ラウンド32が最終面となります

ラウンド32 は池だけ

正確には池と敵だけ、です

パックランド-ラウンド32
<パックランド-ラウンド32>

これは結構無茶なラウンドです

復路なので飛べる靴は履いてますが、

地面がないので飛び続けなければなりません

やられると最初からやり直しです

ラウンド32 をクリアすると・・・

家族が迎えてくれます

パックランド-ラウンド32クリア
<パックランド-ラウンド32クリア>

これは 他のトリップと全く同じです

そして何のイベントもメッセージもなく、

トリップ9 が始まります

エンディングなどは用意されてませんでしたね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>