冬季ハイパーオリンピック/ダイナミックスキー

DYNAMIC SKI-1984年(日本物産)

スキー競技(ジャンプ・回転・大回転)を

題材にしたスポーツゲーム

操作は 2方向レバーと ボタン2つ

ボタンは加速とジャンプ

<スポンサーリンク>


操作が謎、ダイナミックスキー

まず、

「どうやって遊ぶのか わからない」

状態からはじめました

最初のジャンプ競技

スタートすると こんな画面に

ダイナミックスキー-ジャンプ1
<ダイナミックスキー-ジャンプ1>

画面上部は バグったのかと思いましたが、

横からの画像を 遠くから見てるんですね

ジャンプのタイミングは取り易そうです

気になるのは滑走中、左右にぶれます

レバーの左右で

中央に戻さなければなりません

そんな競技だっけ?

テレビで見たジャンプだと、

ワダチ通り滑ってるように見えますが・・・

そしてタイミングよくジャンプ!

ダイナミックスキー-ジャンプ2
<ダイナミックスキー-ジャンプ2>

「よしよし、飛んでるぞ」

といった映像になります

ですが、

ダイナミックスキー-ジャンプ3
<ダイナミックスキー-ジャンプ3>

結果は なんとファール!?

映像では 60mくらいは

飛んでたんだけどなあ

YouTubeで確認

全然やり方がわからないので、

YouTubeの映像を見てみました

その映像では 左のゲージが上がっています

どうやら ボタン1を連打すると

上がることが分かりました

そして ボタン2でのジャンプは

押してる時間が角度となっています

ハイパーオリンピックですね

操作が分かればゲーム再開

再びジャンプ競技に挑戦です

ダイナミックスキー-ジャンプ4
<ダイナミックスキー-ジャンプ4>

89.2m の大ジャンプになりました

ジャンプしてしまうと、着地などの操作は

ないようです

記録が出た場面で気付きましたが、

ダイナミックスキー-ジャンプ5
<ダイナミックスキー-ジャンプ5>

QUALIFY 70.0M

となっているので、これを超えれば

次の面に進めるということでしょうね

<スポンサーリンク>


ダイナミックスキー、続いては

こんな調子で進めてみます

ジャンプ競技の操作が分かれば

あとは何とかなります

2種目めは “回転”

スラロームと表示されてます

ダイナミックスキー-回転1
<ダイナミックスキー-回転1>

穴ぼこはジャンプでかわし、

旗は間を抜けていきます

(ここでも 連射は必要です)

左右操作は 慣性があって、

思ったようには動かないです

そこはがんばってゴールしました

ダイナミックスキー-回転2
<ダイナミックスキー-回転2>

結構無駄なく滑ったと思ったのですが

残り3秒!

でのゴールでした

3種目めは “大回転”

ジャイアントスラロームと表示されてます

ダイナミックスキー-大回転
<ダイナミックスキー-大回転>

“回転” と同じくジャンプがカギです

旗の間を抜けるのは難しくありません

<スポンサーリンク>


ダイナミックスキーの最後は?

この流れから次の競技(最後の競技)は

“スーパー大回転” だと思うのですが、

画面には 「DOWNHILL PRELIM」

と表示されてます

これは何だろう、と思い調べてみると

スーパー大回転は 1988年のオリンピック

からの正式競技で、

1984年のサラエボオリンピックでは

回転、大回転、滑降

だったそうです

滑降 = ダウンヒル、ということですね

最終種目、“滑降”

激ムズです

とにかく旗のすり抜けが大変で

左右移動がカギとなります

レバー&連射&ジャンプって、

操作が大変すぎません?

ダイナミックスキー-滑降
<ダイナミックスキー-滑降>

ちょっとしたミスでも

タイム内のクリアは無理ですね

そしてエンディングへ

結果発表ですね

ダイナミックスキー-エンディング
<ダイナミックスキー-エンディング>

金メダルが取れたかどうかは

わからない感じです

そもそも人との競争は してませんでしたし

この後2周目に入るのですが、

クリア無理と判断し、諦めました

ジャンプ競技は難なくクリアしましたが

“回転” が・・・難しすぎます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>